台湾の現地事情 台湾旅行の持ち物

台湾旅行のバッグはリュックで大丈夫!ショルダーバッグとの違いは?

更新日:


台湾旅行ではいつもリュックを持っていくおっくんです。

観光や街歩きに最適なカバンは何か?今回は台湾旅行の持ち物の中でもカバン選びについての記事です。

結論から言うと、カバンはリュックサックかショルダーバッグを選ぶと便利です。

初めの頃はリュックサックやショルダーバッグはスリに狙われやすいのかな?と心配していましたが、使ってみて全然大丈夫でした。

実際に台湾旅行でリュックサックとショルダーバッグどちらもも使ってみた感想とスリなどの防ぐための防犯対策について書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾旅行のカバンはリュックサックやショルダーバッグで大丈夫!

リュックサックは荷物がたくさん入るし、両手が使えるので便利です。リュックサックはスリなどが心配だけど…と思っていましたが、実際にリュックサックやショルダーバッグを使ってみて、スリ被害にあったことがありません。

台湾は治安が良い国なので、トラブルがおきることもほとんどありません。

ただし、人通りが多い場所や夜市などではリュックだと大きくて邪魔になったり、スリなどには注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾は治安がいいけど油断は禁物です

台湾に限らず海外に旅行に行くなら、気をつけたいのがスリです。「台湾の治安は悪くない!親日だから安心!」なんて声をよく聞きますが、台湾でもスリや置き引きはあります。

リュックやショルダーバッグだから危険ではなく、注意していなければどんなでもカバンでもスリや盗難されるリスクがあるのです。

たまに日本でもリュックの口が開いた状態で歩いている人がいますが、あれは良くありません。
盗まれそうになっても、気がつきにくいし、何かの拍子で中のものを落としてしまうこともあります。

2016年の台湾旅行からリュックを使っていますが、スリや盗難はされませんでした。旅行者ができることはスリや盗難にあいにくいように気をつけることが大切です。

台湾は治安もよく、危険な目にあることは少ないですが、あくまで海外であることは忘れてはいけません。

海外旅行だからと浮かれたりせず、油断しないことが大切です。注意するだけで、トラブルに合う確率は少なくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

すぐできる!スリや盗難被害にあわないための防犯対策

リュックサックやショルダーバッグを使っていてスリにあわないための対策をまとめました。

人通りが多い場所ではバッグは前にもつ

日本ではリュックやショルダーバッグを体の後ろに背負ったり、回したりしますよね。でもそれって海外ではすごく危ないです。気が付いたときにバッグを開けられていた…。なんてこともあります。リュックサックの最大のマイナスポイントは後ろに背負うためチャックを開けられても気が付きにくいところです。

夜市や人混みが多い場所ではスリにあいやすいので特に注意が必要。夜市などの人混みが多い場所では、バッグは前に持ちます。そして手で押さえるようにしておきましょう。スリ側も警戒している人をわざわざ狙いません。

バッグのファスナーは開けっ放しにしておかない

買い物などでお財布を出したり、ガイドブックを出したりすると、そのままファスナーが開けっ放しになっていることってありますよね?

なんとなく流れの中でやってしまうことがありますが、開けっ放しのファスナーは危険なので使ったら閉めることをお忘れなく。

リュックには貴重品を入れない

海外旅行にリュックを持っていくのはよくない、スリなどで狙われやすいと、よくいわれています。でも、それは半分あっていて、半分間違っていると思います。

どんなカバンでも注意していなければトラブルにあうのは変わらないはずです。大切なのは、そもそも盗まれて困るものをリュックには入れないことです。

夜市に行くときリュックを持っていったのですが、そのときはリュックの中にお金や貴重品をはいれませんでした。なぜ入れなかったかというと、夜市だと人との距離が近くて、後ろから近づいてきたら気づくことが難しいからです。

たくさんのお金を持たない、持ち歩かない

もし仮に旅行中にスリや置き引きにあってしまっても、そのときにたくさんのお金を持っていなければ被害は最小限におさえれます

スリや置き引き以外にも、不注意で財布を落としてしまうことがあります。その時もお金をたくさん持っていなければダメージは少なく抑えれます。

お金が必要なときは持っていてもいいのですが、できるだけリスクをなくすために大量のお金を持っている場合は、スーツケースやセキュリティーボックスなどに入れておきましょう。

荷物から目を離さない、手を放さない

日本ではバッグを置いて目を離しても盗まれることはそうそうありませんが、海外では一瞬のスキをみて置き引きされることがあります。

日本だとフードコートなどで席を確保するためにカバンを置いておくのは普通ですが、海外では御法度です。海外では盗んでくださいと言っているようなものです。

旅行が近づいてきたら「台湾旅行の持ち物」について気になりますよね?

▼この記事では台湾旅行の持ち物について詳しく説明しています。

台湾の夜市、食中毒は大丈夫? 生もの、お水に注意すること

台湾旅行でMRTを使うとき注意すること

台湾のタクシーの料金は高い?安い?乗り方や利用の注意点など

▼ご挨拶

» おっくんって誰?
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾旅行でwifiルーターをレンタルしたら、めっちゃ便利でした!


▼ホテル予約サイトで料金を比較してみる

Expediaは世界最大級の旅行サイトです。ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載しています。

Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在35歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで18回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾の現地事情, 台湾旅行の持ち物

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2019 All Rights Reserved.