台湾の現地事情

【台湾の喫煙事情】喫煙所、罰金、喫煙の注意点【わかりやすく解説】

更新日:

 

【台湾の喫煙事情】喫煙所、罰金、喫煙の注意点【わかりやすく解説】どうも、台湾好きのおっくんです。
1月に、こんなツイートをしました。

きのう嫁ちゃんとラーメン食べに行って、食べ終わって少し話してたら、なんか店の中が臭くて振り返ったらタバコ吸ってる人がいたので、すぐに会計して店を出たんだよね。

ふと考えたのです。

台湾でこんなことあったかな。

僕の記憶ではタバコ吸える飲食店はなかったし、歩きタバコも少ない気がする

日本だと飲食店でタバコが吸えるし、歩きたばこもできるけど、台湾ではお店の中で喫煙していたり、歩きたばこを見たことがありません。

今回は上記のツイートやコメントを深掘りしつつ、「台湾の喫煙事情」について、わかりやすく解説していきます。

ざっくり言うと…

  • 台湾は喫煙が厳しく規制されている
  • 台湾で喫煙できる場所、できない場所
  • 喫煙ルールを違反した場合の罰金額
  • 台湾で喫煙するときの注意点
について書いてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾は法律によって喫煙が厳しく規制されている

台湾ではたばこによる健康被害を防ぐために、2009年に「タバコ煙害防止法」(菸害防制法)が施行されました。
この法律によって、公共の場所での喫煙の規制と罰則が強化されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾で喫煙ができる場所、できない場所

じゃむこさん(@jamko0904)からコメント頂きました。ありがとうございます。

台湾では公共の場所ではほとんど喫煙ができません。基本的に屋内は全面禁煙です。※一部例外あり、「喫煙できる場所」で説明しています。

台北市内全域が禁煙というわけではなく、歩道なら喫煙できます。歩道(道路)は公共の場所に該当しません。

(7)喫煙
台湾では,法令により,ほとんどの室内及び公共の場所で全面禁煙となっており,これに違反した場合は,喫煙者に1万元以下の罰金が科されることとなっています。喫煙される方は喫煙マナーを守ることはもとより,日本と同じ感覚で安易に室内において喫煙することがないよう,喫煙場所に関しても十分注意してください。

引用:外務省のホームページより

以下に台湾で喫煙できる場所、できない場所をまとめました。

喫煙できる場所

  • カフェのオープンエア部分や外に置いてある屋台のテーブル
  • 夜21時から営業しているお店(バー、スナック、カラオケ、クラブなど)は喫煙できます。※18歳以上が入店できるお店に限ります。
  • オープンエアのカフェや屋外のスペース、室内は全面禁煙です。(「喫煙室」があれば喫煙できます。)

喫煙できない場所

  • エレベーター内、郵便局、銀行、図書館、美術館、博物館、
  • インターネットカフェ、スポーツクラブ、映画館、コンサート会場、歌劇院などの室内空間
  • MRT(地下鉄)・鉄道・新幹線・タクシー・バス・飛行機の車内や機内、駅や待合室やホーム
  • 3人以上の人がいる室内オフィス
  • 妊娠されている方や3才未満の子どもがいる室内。
  • 病院、政府機関、高専以下の学校
  • 公園

ポイント

飲食店、カラオケ、レストラン、ホテル、デパート、商業施設の室内も禁煙です。(一部のホテルは喫煙可能です。気になる方はググってくださいw)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

喫煙ルールを違反した場合の罰金額

喫煙ルールを違反したら、最高罰金は1万台湾元(約3万7000円)
もし仮に喫煙ルールを違反してしまったら最高で罰金1万台湾元(約3万7000円)が科せられます。これは外国人でも適用されるので知らなかったでは済まないので注意が必要。

ポイント

罰金額の幅は2000台湾元(約7400円)~10000元(約3万7000円)になります。警官が違反を取り締まっています。

台湾で喫煙するときの注意点

台湾で喫煙するときの注意点。歩きタバコもポイ捨ても禁止です。

台湾で喫煙するときの注意点。歩きタバコもポイ捨ても禁止です。

台湾へ旅行や出張に行くとき、煙草を持っていくときに注意しておかないといけないことを解説します。

歩きたばこ、吸い殻のポイ捨て禁止

台湾では街中での歩きタバコや吸殻のポイ捨てが禁止になっていて、違反すると罰金の対象になります。

ポイ捨ては6000台湾元(約2万2200円)以下の罰金です。

台湾の地元の人は、店の前や道端で立ち止まったり、座り込んで喫煙してるのを見ます。ポイ捨て禁止なので、携帯灰皿を持っておかないといけません。

電子タバコ、アイコス(IQOS)などの持ち込み禁止

台湾は電子タバコ、アイコス(IQOS)の持ち込みが禁止されています。
電子タバコを持ち込むと、最高で10000台湾元の罰金の支払わないといけません。電子タバコと言うのは、紙巻きタバコ以外のすべてを指すので加熱式タバコや電子タバコのグロー、アイコス(IQOS)も対象です。

それと、最近は空港での入国検査が厳しくなっていて、入国時に持ち込みが見つかったらその場で没収されます。

※台湾では「電子タバコ」は、台湾入国禁止物品に該当します。

ライターは手荷物での持ち込みOK、預け入れはNG

ライターは手荷物で1つまで持ち込みができます。※ただし検査後の免税店で入手したものは除外。

ライターは預け入れ荷物に入れてはいけないものなので注意してください。

あわせてチェック!

台湾旅行の持ち物のチェックは大丈夫?あわせて「台湾旅行持ち物リスト!必要なものあると便利なもの」も確認ください。

台湾の喫煙事情のまとめ

今回、台湾の喫煙事情を調べていて、台湾は喫煙者に厳しい国、喫煙できる場所は限られていて、なおかつルールを破ると高額な罰金を支払わないといけないことがわかりました。

あと、アイコスなどの電子式タバコを愛用されている人は注意してください。台湾ではアイコスなどの電子式タバコが禁止されています。持ち込むと罰金および没収されます。

絶対に持ち込まないでくださいね。

以上です。台湾は喫煙者に厳しいけど、ルールさえ守れば喫煙できます。良い旅をお楽しみください。

▼ご挨拶

» おっくんって誰?
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾でスマホを使うならWi-Fiルータが必須です!1日590円で容量無制限の使いたい放題!


▼ホテル予約サイト

ぼくがホテルを予約するときはExpediaをいつも使っています。エクスペディア世界最大級の旅行サイトで、ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。さらに割引クーポンが定期的に発行されているので、お得に旅行にいくことができるんです。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載しています。

Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在35歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで18回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾の現地事情

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2019 All Rights Reserved.