台湾旅行はどんな服装がいい?女子が気をつけること天気予報の調べ方

初めて台湾旅行に行く人のために、台湾旅行はどんな服装でいけばいいの?日本より暑いの?など台湾旅行の服装について、台湾の気温などまとめてみました。これさえ読めば旅行の準備は万全です。

スポンサーリンク

台湾の気候と特徴は?

では、台湾の気候の特徴を紹介します。

台湾の気候

台湾は日本の九州より少し小さく、北は亜熱帯、南は熱帯地域です。長くて暑い夏と短い冬が特徴的です。夏は40度になる日もあります。冬以外は暖かく、基本的に夏の服装で大丈夫です。

台北の平均気温は14度。だから冬でも薄着でいいのです。ただし電車、レストランは暖房をつけません。台南は日差しがきついので、日傘などの装備なしでいくと、死んでしまうので覚悟してください(笑)

雨も多いので気温より体感は寒く感じます。ちょっと肌寒いときにサッと着れる服があると便利です。

台湾の天気

台湾の夏は、日差しがきついので、屋外の観光には注意が必要。日差し対策として帽子や日傘はわすれずに。
天候が変わりやすく、雨がよく降るので、折り畳み傘があると不意の雨でも安心です。旅行に行く前に台湾の天気について調べて、適した服を準備するのが良いでしょう。ちなみに、台南は日差しがきついので、日傘などの装備なしでいくと、死んでしまうので覚悟してください(笑)

台湾のシーズンごとの気候と服装

台湾の春(3月〜5月)の気候と服装


25度を超える日が続きますが、朝晩は20度を下回ることがあり、昼と夜は温度差があるので注意が必要です。晴れの場合はTシャツなどでちょうどいいのですが、夜や雨が降って気温が下がる時は、

さっと着れる上着があると重宝します。紫外線対策としてサングラスや帽子はお忘れなく。3月に入ると気温が安定するが、晴れの日は蒸し暑い。3月〜5月は、雨量は少ないが長雨が続くので、雨具の用意を忘れずに。

台湾の夏(6月~9月)の気候と服装

台風シーズン。湿気が多く、かなり暑いです。30度を超える日が続きます。日差しがきついので屋外にでるとき日傘や帽子などの日差し対策を忘れずに。ホテルやレストラン、交通機関ではクーラーが効きすぎているので、ストールやカーディガンなどの薄手の上着を持っていくほうが良いでしょう。7月〜10月上旬は台風のシーズンなので雨具の用意もお忘れなく。

台湾の秋(10月~11月)の気候と服装

ベストシーズンの10月、11月は航空券も安めなので、この時期に旅行されることをおすすめします。9月は30度を超える真夏日が続くが、10月に入ると一気にすごしやすい天気になる。

台湾の冬(12月~2月)の気候と服装

日本の春と同じぐらいの気候。ただ肌寒い日が続くので、セーターやコートを用意すると良いでしょう。

台湾旅行で女性が服装で気をつけたいこと

露出度の高い服装は控える

台湾は日本よりも温暖で特に夏の時期は薄着になるのですが、行き過ぎるのも考えものです。異性を挑発している行為ととられたり、トラブルに巻き込まれやすくなります。海外旅行ということで開放的になり、羽目を外してしまうこともありますが、軽く見られるような格好は避けましょう。

冷房対策はしっかり

地下鉄(MRT)やバスなど公共機関の乗り物は冷房がきついので冷房対策が必須です。
外で汗をかいて、冷房で一気に体が冷えると体調を崩してしまいます。カーディガンやパーカーなど軽く羽織る薄手の服を用意しておきましょう。ちょっと荷物になりますが、体調を崩さないためにも大切です。

お出かけ前に台湾の天気を見ておきましょう。

初めての台湾旅行、気温はもちろん、天気が気になるもの。旅行前に見ておけば、折り畳み傘などの準備もできますよ。もし、忘れた場合でも折りたたみ傘ならどこでも買えることができます。台湾で楽しくすごせるよう、事前に天気のチェックと服の準備をお忘れなく。

台湾の天気予報 – MSN天気予報


▼服装以外にも気をつけたい!関連記事

はじめての台湾旅行にオススメ!観光スポット・グルメ・お土産まとめ

台湾の治安は良いの?旅行を楽しむために注意したい6つのこと

日本円を台湾ドルに両替はここがおススメ!絶対お得な方法【最新】

台湾のマナー・タブー・習慣 旅行中に注意すること

■ご挨拶
» おっくんて誰?

台湾旅行でwifiルーターをレンタルしてみました。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判

台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)
» 台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)



▼にほんブログ村 台湾旅行ブログランキングに参加中! 今週は何位かな?
▼にほんブログ村 台湾旅行ブログランキングに参加中! 今週は何位かな?