台湾の天気予報の調べ方や天候・季節別のおすすめの服装

台湾の天気予報が雨でも気にしなくても大丈夫

台湾旅行の日程が近づいてきたら、気になるのは台湾現地での天気情報ですよね。
台湾の天気を確認したときに、週間天気予報が曇りマークだったり、雨マークが多くてもがっかりとするかもしません。

しかし、台湾の天気予報で曇りや雨だったとしてもがっかりする必要はありません。

今回は「台湾の天気予報が悪くても気にしなくても大丈夫」「雨やスコールが降った時の対策」「季節ごとの最適な服装」についてご紹介します。

スポンサーリンク

出発前に台湾の天気予報をチェックしておこう

台湾旅行が近づいてきたら台湾の天気予報を確認してみましょう。インターネットで調べれば週間の天気予報をすぐに確認することができます。

tenki.jpで台湾の週間天気予報を確認できる

台湾の天気予報を調べるなら「tenki.jp」がおすすめです。アクセスすれば台湾の週間天気予報を確認できます。

台北(Taipei)(台湾)の天気 – 日本気象協会 tenki.jp

事前に天気予報を知っておけばそれに合わせて着る服のプランを考えたり、観光などの旅行プランを変更したりできます。ぜひ台湾旅行の日程が近づいたら台湾の週間天気予報をチェックしてみましょう。

たとえば雨マークや曇りマークだったとしても気にしなくても良いです。なぜかというと雨マークだとしても一日中ずっと雨ということはありません。たとえ雨だとしても地下街と歩いていたり、雨を避けていれば何も問題ありません。

ということで台湾旅行に出発する前に「tenki.jp」で天気予報をチェックしておきましょう。

台湾の天気予報が雨や曇りでも気にしなくても大丈夫

台湾の週間天気予報が雨や曇りだったとしても、がっかりしなくても大丈夫です。
台風シーズンなどの風や雨がひどい場合を除いて、観光ができないほどの雨が降ることは1年をとうしてほとんどありません。

猫空などの山に近い場所にいったときに雨が降っていたことがありましたが、旅行で1日中ずっと雨が降っていることを経験したことがありません。

仮に雨が降っていたとしても、カフェでお茶を飲んで休憩したり、デパートなどの建物中で買い物楽しんだりできるので雨だとしても心配することはないです。

たとえば夜市にいったり、淡水に行くなど外の観光をする予定があったとします。
でも空模様を見てみると雨が降りそうだった場合、別の予定に変更するなど臨機応変に対応しておきたいですね。

こういうときに紙とペンがあると便利です。次の日の予定を繰り上げておこなったり、
ガイドブックを見ながら別の予定に変更したり、計画の練り直しをしてみましょう。

雨やスコール対策に折りたたみ傘を持っていく

仮に台湾旅行する日程で雨が降る予定だ。。。という場合もがっかりしないでください。折りたたみの傘を日本から持ち込めば雨避けができます。日中は日差しなどを避ける目的として使えるので日本から準備すると良いでしょう。もし持っていくのを忘れたり、持ってなくても現地で調達できるので心配はありませんよ。

ということで台湾の天気予報が雨や曇りでも気にする必要はありません

台湾旅行にはどんな服装をすればいい?

台湾旅行ではどんな服装をすればいいか?悩みどころですよね。基本は普段着です。MRT(地下鉄)やタクシーなどの移動手段は安いでいいのですが。台湾旅行は歩きが多くなるので、歩きやすい恰好をおすすめします。

夏場ならスニーカーにTシャツといった格好で大丈夫です。動きやすい恰好ということです。じゃあ冬ならどうすればいい?という人のために季節ごとの服装も紹介していきます。

基本的に年中温暖な台湾。服装はTシャツにスニーカーといった格好で大丈夫ですが、冬場は寒いので防寒対策はしっかり。雨やスコールなども多いので折りたたみ傘をもっていくと重宝します。

台湾の春(3月〜5月)の気候と服装

3月〜5月は、雨量は少ないが長雨が続くので、雨具の用意を忘れずに。25度を超える日が続きますが、朝晩は20度を下回ることがあり、昼と夜は温度差があるので注意が必要です。

台湾の夏(6月~9月)の気候と服装

台湾の夏はとにかく暑いです。日差しがきついので屋外にでるとき日傘や帽子などの日差し対策を忘れずに。30度を超える日が続くのでしっかり水分補給もしましょう。

台湾の秋(10月~11月)の気候と服装

9月は30度を超える真夏日が続くが、10月に入ると一気にすごしやすい天気になる。10月、11月は航空券も安めなので、この時期に旅行されることをおすすめします。

台湾の冬(12月~2月)の気候と服装

日本の春と同じぐらいの気候。ただ肌寒い日が続くので、セーターやコートを用意すると良いでしょう。

台湾旅行の服装については台湾旅行はどんな服装がいい?季節ごとの服選びのポイントにまとめています。

心配な人は時間単位の天気予報を見る

台湾の天気予報が雨が降る、曇りだとしてもリカバリーできることがわかったと思います。なので天気予報が雨、曇りだとしても気にする必要はありません。
でもやっぱり天気が気になるという人もいると思います。そういう人は台湾の時間単位の天気予報を見ることをオススメします。

おすすめする理由は、時間単位の天気予報だと雨や曇りといったざっくりとした予報ではなく、細かな時間で天気が確認できるからです。大雑把な情報ではないので旅行プランも安心して組むことができますね。

ここまで天気予報について心配することがないと説明してきました。個人的に思うことは天気予報はあくまで予報です。晴れと予報があっても雨が降る場合もありますし、逆に雨の予報だったのにすごく晴れることもあります。いずれにしても事前に天気予報を確認しておけば備えることができますので、ぜひとも天気予報を調べてみてくださいね。

最後に時間単位の天気を確認する方法をご紹介します。

iPhoneを持っている人は天気アプリで天気予報を確認できる

iPhoneを持っている人なら天気アプリを使って台湾の時間単位の天気を確認できます。

まとめ

以上、台湾の天気予報が雨でも気にしなくても大丈夫をご紹介しました。台湾の週間天気予報が雨でも予定の変更をしたり、建物の中で楽しむ方法もあります。
また天気予報はあくまで予報ですので、そこまで落胆しなくても良いとも思うんです。あくまで参考程度にしていただければと思います。

また台湾は日本よりも温暖な気候なので日本よりも薄着で大丈夫です。ただしMRT(地下鉄)やデパートでは冬でも涼しい場合が多いのでさっと羽織れる服をもっていくと体調を崩すこともありません。備えあえれば憂いなしですからね。

▼台湾旅行でどんな服装をすればいい?
台湾旅行はどんな服装がいい?季節ごとの服選びのポイント

▼台湾旅行の持ち物は何をもっていけばいい?
台湾旅行に必要な持ち物リスト&あると便利【2018年版】

▼ご挨拶
» おっくんって誰?

» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾旅行でwifiルーターをレンタルしたら、めっちゃ便利でした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう