台湾の交通 台湾の現地事情

台湾でタクシーを利用するときに注意するポイント【基本は安全です】

更新日:

台湾でタクシーを利用するときに注意するポイント【基本は安全です】

おっくん
台湾旅行でタクシーを利用したいけど、トラブルにあわないために何を注意したらいい?使うときに目的地の伝え方や料金の目安もしりたい…。こんな疑問に答えていきます。

記事の内容

  • 台湾のタクシーを利用するときの注意点
  • 台湾のタクシーの乗り方
  • 台湾のタクシー料金について

この記事を書いている私は、過去に18回ほど台湾旅行にいってまして、旅行中にタクシーをよく使っているので利用するときの注意点を熟知しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タクシーを利用するときトラブルを避けるために注意するポイントは?

街でタクシーを利用するときの注意点は?トラブルを避けるための対策を紹介します。

街でタクシーを利用するときの注意点は?トラブルを避けるための対策を紹介します。

台湾のタクシーを使うときトラブルはなるべく避けたいですよね?
利用するときに注意したいポイントを以下にまとめました。

  • 夜に女性ひとりでタクシーに乗るのは避ける
  • 車体がきれいなタクシーを選ぶ
  • メーターが回っているか確認する
  • 台湾人は運転が荒いので覚悟しておく

夜に女性ひとりでタクシーに乗るのは避ける

台湾のタクシーを利用するときにもっとも気をつけたいことは、夜間に女性ひとりでタクシーを利用するのは避けましょう。

台湾は治安がよく、親日家が多いと言われていますが、台湾のタクシー運転手が日本女性に対して暴行したりレイプした事件があります。

夜遅くなる場合はMRT(地下鉄)を使いましょう。どうしてもタクシーを利用する場合は、ホテルや飲食店の人にタクシーを呼んでもらいます。記録が残るので安心です。

車体がきれいなタクシーを選ぶ

タクシーに乗るときはできるだけタクシーの車体がきれいなタクシーを選びましょう。車体が汚れていたり、シールがたくさん貼ってはるタクシーは利用しないことです。

車の外観に気を配れる運転手であれば、運転などのマナーも安全である確率が高いです。

メーターが回っているか確認する

台湾のタクシーは、ぼったくりなどが少ないです。今まで18回ほど台湾旅行に行っていますが、ぼったくりにあった経験はありません。法外な料金を請求されるといったトラブルにあうことも滅多にないです。

しかし注意点としてメーターを下げないといったケースもあるので、タクシーが走りだしたときメーターが作動しているのかしっかり確認しましょう。動いていない場合は、その場で運転手さんに伝えてトラブルを避けること。

どうもタクシーの運転手が怪しい動きをしている場合、すぐに降りてしまったほうが良いです。

台湾人は運転が荒いので覚悟しておく

台湾のタクシーは乱暴な運転をするなぁ、と思うことがよくあります。

台湾人はとても親切な人が多く、困っている人がいたら話しかけてくれて、とても優しいのですが、ハンドルを握るとどうやら性格が変わってしまうらしいです。(と私は勝手に思ってます。)

日本のタクシーだと一時停止する場面も、台湾のタクシーはガンガン飛ばします。

日本なら道を譲る場面でも止まりません。とにかく飛ばすし、止まりません。 のんびりした日本人からすると、けっこう無謀な運転をしているので、冷や冷やしながらタクシーにのっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾のタクシーの乗り方

台湾のタクシーの乗り方。流しのタクシーを拾うか、タクシースタンドで乗るのが一般的です。

台湾のタクシーの乗り方。流しのタクシーを拾うか、タクシースタンドで乗るのが一般的です。

台湾では流しのタクシーも多く、街でタクシーを捕まえるのも比較的カンタンです。

台湾のタクシーの乗り方を以下にまとめています

  • 手を挙げてタクシーを拾う
  • 台湾のタクシーのドアは手動なので手で開けて乗車
  • タクシーに乗ったらシートベルトを着用する
  • 目的地を紙に書いて見せる

手を挙げてタクシーを拾う

台湾では流しのタクシーが多く、日本と同じようにタクシーは手を上げて拾います。(^o^)丿

台湾の車は日本と逆に運転席があります。左側ハンドルなので乗車は基本的に後ろの右側ドアからです。

台湾のタクシーのドアは手動なので手で開けて乗車

台湾のタクシーはドアが手動です。(日本の感覚でいると自動で開くのかと思ってしまいますが)

手でドアをあけて乗車します。降りるときもドアを閉めておりましょう。

タクシーに乗ったらシートベルトを着用する

台湾のタクシーを乗るときシートベルトはお忘れなく。台湾ではタクシー乗車時にシートベルト着用が義務づけられています。
車内には「シートベルトを着用してください」と書かれていたり、運転手さんに注意されることがあります。

シートベルトを着用していないで警察に捕まったときはお客さんが罰金を払うことになります。面倒がらずシートベルトを着用しましょう。

目的地を紙に書いて見せる

タクシーのドライバーさんは日本語が話せる人もいて、「日本からきたの?」「いつまでいるの?」など気軽に話しかけてくれる人もいます。

しかし日本語も英語も通じない場合もあるので、タクシーに乗る前に目的地の地図を用意しておきます。または目的地を紙にかいて渡してあげる方法もあります。

目的の場所がホテルの場合は、ホテルのカード(住所や地図が乗っている)を渡すのも有効です。目的地がしっかり理解してもらうのが大切なのです。

あわせてチェック!

旅行の持ち物でペンとメモ書きがあると便利です。そのほかに必要な持ち物は「台湾旅行持ち物リスト!必要なものあると便利なもの」でまとめています。

パスポートを作るとお金はいくらかかる?更新の料金はどれくらい?
台湾旅行持ち物リスト!必要なものあると便利なもの【2019年版】

台湾旅行に行くときの持ち物をリストとしてまとめてみました。いく場所や目的によって必要な持ち物が変わってくると思いますが、必要な持ち物・必需品・用品などをまとめました。

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾のタクシー料金について

台北市内で走っているタクシーのほとんどがメーター制です。台湾のタクシーの料金や割増料金について以下にまとめました。

初乗りや運賃はいくら?

6時〜23時の初乗り運賃は70元(約280円)、
1.25km以降は250mごとに5元(約20円)が加算されていきます。(または時速5km以下で1分40秒ごとに)

日本よりも断然安いため、旅行中に何度も使います。荷物が多い時や疲れたときは使うようにしています。

深夜料金

23時~翌朝6時は昼間料金に20台湾元(約70円)の追加料金が加算されます。

その他料金

電話でタクシーを呼んだ場合は10元プラス。

トランクに大きな荷物を入れてもらったら10元プラスされますが、請求しないドライバーさんが多いです。実際、早朝便で日本にかえるとき空港までタクシーを使ったのですが、請求されませんでした。

あわせてチェック!

台湾のタクシーの料金については「台湾のタクシーの料金の目安はいくら?【正直日本より安いです!】」でまとめています。

台湾のタクシーの料金の目安はいくら?【正直日本より安いです!】

日本はタクシーの料金が高い国ですが、台湾ではタクシーの料金は安い?高い?料金が高いなら旅行中の利用は避けたほうがいいですし、安いならどんどん使うべきです。これは是非ともはっきりさせておきたい問題ですよね。台湾のタクシー料金と乗り方や利用の注意点などをご紹介します。

続きを見る

台湾でタクシーを利用するときに注意するポイントまとめ

台湾のタクシーは料金も安く、流しのタクシーも多いので市内移動も便利です。

基本的に安全なのですが、夜ひとりで利用するのだけはやめておいたほうが良いです。

それさえ守っておけばそこまで心配する必要はありません。

以上です。それでは良い旅をお楽しみください。

台湾旅行で注意することをまとめてみた【2019年最新版】

台湾では夜ひとりでタクシーの乗るのは止めましょう。地下鉄は飲食禁止(罰金あり)トイレではトイレットペーパーを流せません。日本語がわかる人もいるので誤解されることは言わない。

続きを見る

人気ブログランキングへ

▼ご挨拶

» おっくんって誰?
▼台湾旅行の持ち物
台湾でスマホ使うならレンタルWi-Fiは必須です。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾でスマホを使うならWi-Fiルータが必須です!1日590円で容量無制限の使いたい放題!


台湾旅行の持ち物リスト化してみました。
» 台湾旅行持ち物リスト!必要なものあると便利なもの
そろそろ台湾旅行が近づいてきたので持ち物を準備しないといけない!って方は必須です。


▼ホテル予約サイト

ぼくがホテルを予約するときはExpediaをいつも使っています。エクスペディア世界最大級の旅行サイトで、ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。さらに割引クーポンが定期的に発行されているので、お得に旅行にいくことができるんです。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載しています。

Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在35歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで18回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾の交通, 台湾の現地事情

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2019 All Rights Reserved.