台湾旅行の旅費・行き方

台湾旅行の準備・入国審査の流れや質問されることをわかりやすく説明

更新日:

台湾旅行の準備・入国審査の流れや質問されることをわかりやすく説明

どうも、台湾好きのおっくんです。

台湾に到着後、飛行機を降りたらまずは入国審査へ向かいます。今は慣れていますが、私もはじめてのときは戸惑いました。そこで今回は、台湾の入国審査の流れや注意点など私が知っている知識をまとめたいと思います。

※この記事を書いているおっくんは、過去に18回に台湾に旅行に行っており、直近では2018年の12月に台湾に行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾の入国審査の流れ

台湾に到着したら、次は入国審査。そして荷物受け取りといった流れです。事前に確認しておくことであわてずスムーズに済ませられます。

台湾に到着したら、次は入国審査。そして荷物受け取りといった流れです。事前に確認しておくことであわてずスムーズに済ませられます。

まずは台湾に到着してから、台湾の入国審査の流れを説明していきます。入国審査→荷物を受け取り→税関→到着ロビーという流れです。

今では慣れていますが、初めての時は緊張していました。入国審査で質問されたり、入国カードに記載漏れがあって困った経験もあります。

それでは、入国の手続きの流れを順にみていきましょう。

到着

台湾に到着後、乗務員から指示があったら、忘れ物がないか身の回りをチェックして飛行機を降ります。空港内に入った「入境」という案内にしたがって進みます。

入国審査

「入境」または「入境審査」と書かれた案内にしたがって進んでいくと、入国審査の窓口に到着します。

窓口のカウンターがいくつかわかれており、外国人は「non-citizon」の列に並びます。
私は直近で2018年の12月に台湾に行ったのですが、通過に1時間かかりました。

※ちなみに台湾に1年で3回以上入国している人は、常客証が利用できます。ほぼ待ち時間なしで入国できます。

入国カードとパスポートはすぐに取り出せるように準備しておきます。また自分の番が近づいてきたら、帽子やマスクは外し、顔がわかるようにしておくと入国審査がスムーズです。

入国カードは機内で書いておく

入国カードは、機内で書き込んでおきます。記入はローマ字の大文字か漢字で記入すればよいです。自分の番が来たら、窓口の入国審査官にパスポート、入国カードを提示します。

入国カードの書き方は「台湾の入国カードの書き方と便利なオンライン申請の方法を解説します」に詳しく書いています。

台湾の入国カードの書き方と便利なオンライン申請の方法を解説します

どうも、台湾好きのおっくんです。 台湾に到着後、入国審査で入国カードが必要になります。いまでは慣れていますが、はじめてのときは入国カードに何を書いたらいいかわからず困ってしまったことがあります。 今回 ...

続きを見る

入稿審査で質問されること

ここで旅行の目的や滞在日数などを質問される場合があります。

係員:入国の目的はなんですか?/What is the purpose of your visit?
旅行者:観光です/Sight-seeing.

係員:どれぐらい滞在しますか?/How long are you going to stay?
旅行者:6日間です。/6days.

係員:どこに滞在しますか?/Where do you stay?
旅行者:W台北ホテルに滞在します。/I will stay at W Taipei Hotel.

また入国カードの記載がない箇所は、書くように言われます。

指紋認証と顔認証

入国審査の方が片言の日本語で「指」「目」と指示されます。まずは指紋認証です。ブルーに光っている部分に両方の指をスキャンしてます。機械の上に「OK」と表示されれば完了です。

続いて顔認証です。
カメラのほうを向きます。入国審査の方が「OK」と言われるまでそのままでいます。
完了したら、パスポートを返してもらえるので、入国審査は完了です。

入国審査の注意点

入国審査のカウンターでは写真の撮影はNGです。カメラで撮影していたら注意されます。もし写真を撮っていたらその場で削除するように言われるの注意しましょう。

荷物の受け取り

自分が登場した便名が表示されているターンテーブルで自分の荷物を取り出します。※荷物が紛失したなどのトラブルは係員に相談しましょう。

税関審査

税関申告書の記入は税関基準を上回る場合のみ必要です。免税の範囲内であればそのまま搭乗ロビーに向かいます。

到着ロビー

ツアーなどに参加している場合は、現地係員や出迎えの人と待ち合わせするときは、名前やツアー名を書いたカードを持って到着ロビーで待っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾ドルの両替は空港ですませておく

台湾に到着後に、現地通貨である台湾ドルの両替は空港ですませておきます。

台湾に到着後に、現地通貨である台湾ドルの両替は空港ですませておきます。

台湾の現地通貨である台湾ドルへの両替は日本ですると損です。空港についてから両替所で両替を行います。

空港での両替の方法については「日本円を台湾ドルに両替はここがおススメ!絶対お得な方法【2019年版】」に詳しく説明しています。

台湾の両替場所、どこがおすすめ?空港が一番効率がいい!
日本円を台湾ドルに両替はここがおススメ!絶対お得な方法【2019年版】

台湾ドルを日本円に両替するなら、日本で両替するより台湾で両替するのがお得です。空港に着いたらすぐに両替えすると、すぐに使えて便利です。今回は台湾旅行がお得になる台湾ドルの両替についてまとめてみました。

続きを見る

桃園空港での両替方法については「桃園国際空港の両替所はどこ?第1ターミナルでの両替方法と営業時間」に詳しく説明しています。

桃園国際空港の両替所はどこ?第1ターミナルでの両替方法と営業時間

どうも、台湾好きのおっくんです。 おっくん 2018年のGWに台湾旅行に行ってきました。 ちょうど入国審査の列で待っているときに、目の前に台湾旅行が初めてっぽい感じの家族がいました。 「両替所ってどこ ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

空港から市内への移動はベストな方法を選びましょう。

空港から市内への移動は空港線MRTがおすすめです。快速で37分、普通車で50分で台北駅に到着します。

空港から市内への移動は空港線MRTがおすすめです。快速で37分、普通車で50分で台北駅に到着します。

空港から市内への移動は地下鉄、リムジンバス、タクシーなどの手段があります。

空港到着してからすぐに市内へ移動できるよう、移動手段は事前に確認しておきましょう。

空港から台北市内への移動については「台湾の桃園国際空港から台北市内へ移動する方法【空港MRT・バス・タクシーを比較】」に詳しく説明しています。

台湾の桃園国際空港から台北市内へ移動する方法【空港MRT・バス・タクシーを比較】

どうも、台湾好きのおっくんです。 台湾の桃園国際空港に到着したら、次は台北市内への移動です。台北市内への移動手段は3つ、空港MRT、リムジンバス、タクシーがあります。 僕は初めの頃は料金が安いリムジン ...

続きを見る

おわりに

入国審査の流れや手続きのポイントを書いていきました。事前にどんなことをするのか把握しておけば、慌てずスムーズにすませることができます。この記事を参考に入国審査の流れ・ポイントを確認してみてください。

それでは良い旅を♪

台湾旅行の持ち物で忘れ物はないですか?「台湾旅行の持ち物リスト一覧!必要なもの、あると便利なもの|2019年1月・2月最新」でまとめています。

パスポートを作るとお金はいくらかかる?更新の料金はどれくらい?
台湾旅行持ち物リスト!必要なものあると便利なもの|2019年4月

台湾旅行に行くときの持ち物をリストとしてまとめてみました。いく場所や目的によって必要な持ち物が変わってくると思いますが、必要な持ち物・必需品・用品などをまとめました。

続きを見る

▼ご挨拶

» おっくんって誰?
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾でスマホを使うならWi-Fiルータが必須です!1日590円で容量無制限の使いたい放題!


▼ホテル予約サイト

ぼくがホテルを予約するときはExpediaをいつも使っています。エクスペディア世界最大級の旅行サイトで、ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。さらに割引クーポンが定期的に発行されているので、お得に旅行にいくことができるんです。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載しています。

Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在35歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで18回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾旅行の旅費・行き方

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2019 All Rights Reserved.