台湾旅行の旅費・行き方

台湾の入国カードの書き方と便利なオンライン申請の方法を解説します

更新日:

台湾の入国カードの書き方と便利なオンライン申請の方法を解説します

どうも、台湾好きのおっくんです。

台湾に到着後、入国審査で入国カードが必要になります。いまでは慣れていますが、はじめてのときは入国カードに何を書いたらいいかわからず困ってしまったことがあります。

今回は台湾の入国カードの書き方とオンラインでの事前の登録と申請の方法をまとめたいと思います。

※この記事を書いているおっくんは、過去に18回に台湾に旅行に行っており、直近では2018年の12月に台湾に行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入国カードはどこでもらえる?

入国カードは機内で配られるので台湾に到着するまでに記入します。

入国カードは機内で配られるので台湾に到着するまでに記入します。

入国カードは飛行機に搭乗して、しばらくすると客室乗務員(CA)さんが配ってくれます。

機内で配られたら台湾に到着するまでに書き終えておくと入国時にスムーズです。ペンはすぐに取り出せる場所に入れておくといいでしょう。(鉛筆やシャープペンシル、フリクションなどで記入はダメです)

ただし旅行会社のツアーで台湾に行く場合、入国カードは事前に送られてくるので旅行前に記入できます。

※以前ブログ読者さんからツアーの旅行会社に「有料で入国カードを手配します」と言われました。と相談がありましたが、入国カードは飛行機内で配っているので、有料の場合は断るようにしましょう。

台湾の入国カードの書き方と便利なオンライン申請の方法を解説します

どうも、台湾好きのおっくんです。 台湾に到着後、入国審査で入国カードが必要になります。いまでは慣れていますが、はじめてのときは入国カードに何を書いたらいいかわからず困ってしまったことがあります。 今回 ...

続きを見る

機内で受け取り忘れたらどうする?

もし、機内で受け取り忘れをしても大丈夫です。入国審査のカウンター付近の記入台に入国カードとペンが置いてあるので安心してください。

入国カードは入国審査の窓口付近の記入台にペンとともに置いてあります。

入国カードは入国審査の窓口付近の記入台にペンとともに置いてあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入国カード(入国登記表)の書き方(記入例)

台湾の入国カード(入国登記表)

台湾の入国カード(入国登記表)

▼入国カードの記入項目

  1. 姓(Family Name)
  2. 名(Given Name)
  3. パスポート番号
  4. 生年月日
  5. 国籍(JAPAN、JAPANESEなど)
  6. 性別
  7. 搭乗機の便名
  8. 職業(学生はSTUDENT/会社員はOFFICE WORKER、EMPLOYEEなど)
  9. ビザの種類
  10. ビザの番号
  11. 日本の現住所
  12. 台湾での滞在先(ホテル名)
  13. 入国の目的(観光は「3.観光 Sightseeing」をチェック)
  14. 署名欄
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オンラインで事前に申請・登録

台湾では2015年7月から入国登記表の記入がオンラインで申請が可能になりました。

機内で入国カードを書こうと思ったらペンをうっかり忘れた…。機内で揺れているなかで書くのが大変だ…。

しっかり書いているつもりでも記入漏れががあれば、入国審査で確認して書かないといけない…。など紙の入国カードを書くのってなにかと面倒です。

事前に申請しておけば紙のカードへの記入は不要になります。面倒なことが一つ減るのでとてもラクチンですよね。

申請した内容を印刷する必要はありません、入国審査のカウンターにはパスポートの提出をするだけでOKです。

▼オンラインの記入項目

  1. 姓(ローマ字)
  2. 名(ローマ字)
  3. 漢字の姓名(記入しなくてもOK)
  4. 生年月日
  5. 性別
  6. 国籍
  7. パスポート番号
  8. 搭乗機の便名
  9. 台湾入国予定日
  10. 職業
  11. ビザの種類
  12. ビザの番号
  13. 旅行の目的
  14. 日本の現住所
  15. 台湾での住所(ホテル名)
  16. 滞在する都市
  17. 滞在するホテルの名前
  18. 携帯電話番号(記入しなくてもOK)
  19. メールアドレス(記入しなくてもOK)
  20. 「Confirm(確認)」ボタン

▼オンラインで事前に登録する方法

  1. 情報を入力する
  2. 「Confirm」を押して、4桁の数字を入力する
  3. 「Success!!」が表示されれば完了

台湾の入国審査の流れ

まずは台湾に到着してから、台湾の入国審査の流れを説明していきます。入国審査→荷物を受け取り→税関→到着ロビーへという流れです。

今では慣れていますが、初めての時は緊張していました。入国審査で質問されたり、入国カードに記載漏れがあって困った経験もあります。

台湾の入国審査の流れについては「台湾旅行の準備・入国審査の流れや質問されることをわかりやすく説明」に詳しく説明しています。

台湾旅行の準備・入国審査の流れや質問されることをわかりやすく説明

どうも、台湾好きのおっくんです。 台湾に到着後、飛行機を降りたらまずは入国審査へ向かいます。今は慣れていますが、私もはじめてのときは戸惑いました。そこで今回は、台湾の入国審査の流れや注意点など私が知っ ...

続きを見る

おわりに

入国カードの記入は、「何を書いたらいいかわからない!」わざわざ調べて確認しないといけないので、何かと面倒ですよね。

この記事を参考に、入国カードの書き方をあらかじめ確認しておけば、実際に書くときにスムーズですよね。

オンラインでの事前申請は、面倒な紙の記入がなくなるし、インターネットでカンタンに申請できるのでおすすめです。

空港での両替の方法

台湾に到着後に、現地通貨である台湾ドルの両替は空港ですませておきます。

台湾に到着後に、現地通貨である台湾ドルの両替は空港ですませておきます。

台湾の現地通貨である台湾ドルへの両替は日本ですると損です。空港についてから両替所で両替を行います。

空港での両替の方法については「日本円を台湾ドルに両替はここがおススメ!絶対お得な方法【2019年版】」に詳しく説明しています。

台湾の両替場所、どこがおすすめ?空港が一番効率がいい!
日本円を台湾ドルに両替はここがおススメ!絶対お得な方法【2019年版】

台湾ドルを日本円に両替するなら、日本で両替するより台湾で両替するのがお得です。空港に着いたらすぐに両替えすると、すぐに使えて便利です。今回は台湾旅行がお得になる台湾ドルの両替についてまとめてみました。

続きを見る

桃園空港での両替方法については「桃園国際空港の両替所はどこ?第1ターミナルでの両替方法と営業時間」に詳しく説明しています。

桃園国際空港の両替所はどこ?第1ターミナルでの両替方法と営業時間

どうも、台湾好きのおっくんです。 おっくん 2018年のGWに台湾旅行に行ってきました。 ちょうど入国審査の列で待っているときに、目の前に台湾旅行が初めてっぽい感じの家族がいました。 「両替所ってどこ ...

続きを見る

空港から市内への移動方法

空港から市内への移動は空港線MRTがおすすめです。快速で37分、普通車で50分で台北駅に到着します。

空港から市内への移動は空港線MRTがおすすめです。快速で37分、普通車で50分で台北駅に到着します。

空港から市内への移動は地下鉄、リムジンバス、タクシーなどの手段があります。

空港到着してからすぐに市内へ移動できるよう、移動手段は事前に確認しておきましょう。

空港から台北市内への移動については「台湾の桃園国際空港から台北市内へ移動する方法【空港MRT・バス・タクシーを比較】」に詳しく説明しています。

台湾の桃園国際空港から台北市内へ移動する方法【空港MRT・バス・タクシーを比較】

どうも、台湾好きのおっくんです。 台湾の桃園国際空港に到着したら、次は台北市内への移動です。台北市内への移動手段は3つ、空港MRT、リムジンバス、タクシーがあります。 僕は初めの頃は料金が安いリムジン ...

続きを見る

台湾旅行の持ち物で忘れ物はないですか?「台湾旅行の持ち物リスト一覧!必要なもの、あると便利なもの|2019年1月・2月最新」でまとめています。

パスポートを作るとお金はいくらかかる?更新の料金はどれくらい?
台湾旅行持ち物リスト!必要なものあると便利なもの|2019年2月

台湾旅行に行くときの持ち物をリストとしてまとめてみました。いく場所や目的によって必要な持ち物が変わってくると思いますが、必要な持ち物・必需品・用品などをまとめました。

続きを見る

▼ご挨拶

» おっくんって誰?
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾旅行でwifiルーターをレンタルしたら、めっちゃ便利でした!


▼ホテル予約サイトで料金を比較してみる

Expediaは世界最大級の旅行サイトです。ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載しています。

Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在35歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで18回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾旅行の旅費・行き方

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2019 All Rights Reserved.