日本円を台湾ドルに両替、一番お得な方法は何?

日本円を台湾ドルに両替。両替は台湾旅行で必ず必要になるので、できれば一番お得な方法で両替したいですよね?台湾ドルの両替はどこがお得なのか知っておくと、お得に台湾を旅行できるので、ぜひ活用してみてください。
今回は、日本円を台湾ドルに両替するとき、一番お得な方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

台湾に到着してから両替がお得!日本は手数料が高いので損

「台湾で使うお金をどうしよう…」台湾についてから両替するのは心配だから日本で台湾ドルを両替しておこう。と思う人もいると思います。
台湾ドルを両替するなら台湾で両替でするほうがお得です。日本で台湾ドルを両替すると、レートも悪く手数料が高くなります。台湾で両替するほうが、レートや手数料が安いので両替するなら台湾がおすすめです。

台湾の両替場所、どこがおすすめ?空港が一番効率がいい!

台湾で台湾ドルを両替できる場所は銀行、空港、ホテル、デパートなどです。
結論から言うと、空港で両替するのがおすすめです。

台湾の両替場所、どこがおすすめ?空港が一番効率がいい!
銀行、空港、ホテル、デパートそれぞれの特徴を書いていきます。

銀行で両替する

台湾にはいくつか銀行がありますが、台湾銀行が代表的な銀行です。わざわざ街中で銀行を探さないといけませんし、待ち時間がかなり掛かります。

前回の旅行で銀行で両替したとき、両替が完了するまでに1時間ほど時間がかかりました。

その時間があれば、観光スポットに行ったり買い物したりできます。時間がもったいないですね。

どの銀行で両替するにしても、銀行がどこにあるのか探さないといけませんし、銀行で両替の手続きをするので、かなり台湾旅行に慣れている人向けかなと思います。泊まっているホテルの目の前に銀行があって、手数料無料であれば両替してもいいと思いますが、そうではないのであれば銀行での両替はおすすめしません。

空港で両替する

空港内に台湾銀行の出張所があり、日本円が両替できます。個人旅行の場合、空港についてから市内への移動にお金が必要になるので空港で両替するのが自然の流れです。空港の両替所は、街中にある両替所や銀行とほとんどレートが変わりません。深夜早朝にかかわらずオープンしているので、深夜便や早朝便で台湾に訪れる人は心配しなくてもいいですよ。

ホテルで両替する

ホテルで両替する場合、レートは良くないですが24時間フロントで両替できるところが便利。深夜、週末にお金が必要なのときには一番便利な両替場所です。手数料はホテルによって違うので両替前に聞いておくといいでしょう。

デパートで両替する

デパートはホテルと同じくレートが悪いです。どうしてもお金が必要!という時以外は使わない方がいいですし、大きなお金の両替はしないほうが良いかもしれませんね。

両替する場所やお店によってレートや手数料、営業時間が違うので事前に調べておくと良いでしょう。銀行は両替の手数料が無料なところがあります。ただし両替するまでに時間がかかる場合もありますので、必ずしもお得とは限りません。

おっくんが考えた答えとしては、空港で両替するのが一番おすすめです。現地についてすぐに両替ができるので一番効率がいいのです。

台湾の空港についたらすぐ両替するのが便利でお得

台湾の空港についたらすぐ両替するのが便利でお得

個人旅行の場合は台湾の空港についたら、すぐに日本円を台湾元に両替しましょう。空港から市内への移動はバスです。バスのお金が必要になるので、空港で両替しておきましょう。私はほとんど個人旅行なので、いつも空港についたらすぐに両替しています。空港で換金すると換金レートもよく、すぐ使えるので便利です。両替したお金を使いきると、また両替しないといけないので、はじめに両替した分でやりくりするようにしています。

もし現金が足りなくなることがわかったら、クレジットカードで支払いができる場合は、クレジットカードで支払いをしています。そこは各自でお金の計算をしながら支払い方法を決めていきましょう。

パスポートの提示が必要!

両替するときパスポートの提示を求められます。言われたらすぐに出せるようにわかりやすい場所に入れておきましょう。

お金はしっかり数えよう!

両替をお願いして渡されたお金をもらえたら金額があっているか、その場でしっかり確認してください。

空港の両替の手数料は30元(日本円で90円ぐらい)程度になります。

お金が残ってしまったら帰国までに使い切るか、次回の台湾旅行のための資金として持ち越してみるという手もあります。日本の銀行は、元から円への再両替をするところが少ないです。

ツアー旅行の場合は空港に着いてから添乗員さんと会い市内へバスで移動します。市内についてからお茶屋さんや買い物店で両替するのが一般的です。

2泊3日の台湾旅行、日本円を2万〜3万円両替すれば十分

2泊3日の台湾旅行、日本円を2万〜3万円両替すれば十分

台湾旅行で使うお金を両替する場合、何をするかによって、いくらお金が必要になるかが変わってきます。最近の動向としては円安の影響で台湾の物価が徐々に上がっています。

くわえて台湾ドルのレートも上昇しており、4円代に迫る勢いです。こうしたことから両替するお金も少し多めに替えておくことをおすすめします。

例えば2泊3日の台湾旅行の場合、

2万〜3万円をまず両替しておけば十分(クレジットカードを持って行くのがなおよし)です。買い物をしたり、マッサージを受けるなども十分楽しめると思います。

「少し豪華に楽しみたい!」と思っている人は5万円ほど両替して様子をみるというのも手です。
豪華なレストランで食事したいとか、デパートでブランド品が買いたいとか、エステや足ツボで癒されたりとか、乾物やファッション、雑貨、コスメなど買いたいなど5万円あれば、十分できるでしょう。

クレジットカードがあるとお金を大量に持たなくて良いので安心

クレジットカードがあるとお金を大量に持たなくて良いので安心

高級レストランでの食事やデバートでショッピング、ちょっと高めのエステなどをやってみたいときクレジットカードがあるとお金を大量に持って行かなくても良いので安心です。

お店によっては利用できないカードがあるのでクレジットカードを2種類持って行くことをおすすめします。

使えるカード会社はVISA、MasterCard、アメリカン・エクスプレス、JCB、ダイナーズクラブの5大国際ブランド。加盟店が多いのはVISA、MasterCardどちらかのカードを持って行けば問題ないでしょう。

カードの特典などで割引をされる場合もあるので、現金で支払うよりもお得に旅を楽しむことができますので、旅行前にカード会社のホームページをチェックしてもいいですね。

台湾の物価はどれぐらい?食費、交通費などの滞在費用は?

台湾の物価はどれぐらい?食費、交通費などの滞在費用は?
台湾旅行の滞在費用のメインは食費や交通費でしょう。台湾は日本に比べて滞在費用が安く、夜市などの屋台で食べたりしたり、乗り物などに乗る交通費も日本に比べたら安いです。基本的に食費も交通費も日本のほうが高いのですが、スターバックスは台湾のほうが高いです。

物によっては日本で買うほうがお得な場合がありますので、買い物やサービスを受けるときは料金を確認するようにしましょう。
ここでは一例として台湾の食費と交通費についてまとめてみたいと思います。

台湾の食費

台湾の食費

台湾で夜ご飯を食べようと思ったら大人1人で150元〜300元(約500円〜1000円)あれば、お腹いっぱい食べれます。ほとんどの台湾人が外食するので外食費は日本に比べてリーズナブルです。

すこし高級なレストランであれば1000元ほどあれば上質な料理を食べることができます。台湾は外食産業が盛んで夜市や屋台などでさまざまな料理を楽しむことができます。

コンビニによくあるペットボトルの値段は500mlで25元(約75円)とかなりリーズナブル。レートにもよりますが日本の半額ぐらいの値段で買えます。当然ながらスーパーなどで買えばさらに安く買うことができますので、ばらまき用のお土産を買うときはスーパーで買うことをおすすめします。

台湾の交通費

台湾の交通費
台北での移動手段は3つあります。MRT(地下鉄)、バス、タクシー。

MRT(地下鉄)は、最低区間は20元(約80円)と安く、ほぼ全沿線が繁華街になっているので旅行で一番使う乗り物です。

バスは、運賃15元(約60円)は市内一律。郊外へ行く場合は30元(約120円)。

タクシーは、初乗りは70元(約210円)深夜料金はメーターの表示額に20元加算されます。人数が多い場合はバスや地下鉄を利用するといいでしょう。

日本の1万円を台湾元に両替したらいくらになるの?計算した

日本の1万円を台湾元に両替したらいくらになるの?計算した

例えば日本の1万円を台湾元に両替する場合、いったいいくらになるんでしょうか?

2016年1月9日現在の為替レートは、0.283444(5:59)

¥10000円 = 2,834.44 台湾ドルになります。

レートが3.5なので台湾で買い物するときは表示額を4倍にすれば「台湾元×4=日本円」だいたいの日本円がわかります。
最近台湾のレートは少しずつ高くなってきているので少しでもお得に両替したいですよね。

台湾の通貨

台湾の通貨はニュータイワンドル(NT$)、1NT$=1元(圓)。単位は元(ユェン)。紙幣には旧字で圓(ユェン)と書かれている。口語では塊(クァイ)と呼ばれることも多い。

台湾の紙幣

台湾の紙幣は2000元、1000元、500元、200元、100元の5種類です。硬貨は50元、20元、 10元、5元、1元の5種類。お店によっては偽札対策で高額紙幣を使うときは確認されることがあります。

まとめ

日本円を台湾ドルに両替、一番お得な方法は何?いかがでしたか?為になりましたか?

  • 日本では両替しないこと、台湾の方が断然お得!
  • 2泊3日の旅行なら2〜3万ぐらいの両替で十分!
  • 両替するなら空港で、すぐ使えるので一番効率的です。
  • 日本円に再両替は非効率なので、できるだけ使い切るか、次回旅行に持ち越し

この記事を参考に、台湾でお得な旅行を楽しんでください。それではまたね。

よくアクセスされている記事


台湾旅行のお金はいくらかかるのか知りたい方はこちらの記事で確認できます。


台湾旅行にはどんな持ち物を持って行けば良いの?その疑問にお答えしています。


台湾旅行のホテルや航空券代などが安い時期について徹底的に調べてみました。


台湾の習慣やマナーを知らなかったことで、トラブルに巻き込まれないよう注意したいところです。


台湾旅行に行く人のために台湾旅行のベストシーズンはいつなのか、目的別にご紹介します。


台湾ドルの両替はどこがお得なのか、知っておくとお得に旅行できるので、ぜひ活用を!


台北で人気の朝ごはん屋『阜杭豆漿』おすすめメニューや待ち時間を紹介しています。

コメント

  1. おっす より:

    ぼくも他国での体験からパスポートの定時が必要なのかと思いましたが、求められている人はいませんでした。交換通貨によってなのかな?でもほかの外国人も必要なかったし

    • 台湾好きのおっくん より:

      おっすさん、こんにちは
      台湾の空港についたときて両替するときは
      パスポートの提示を求められました。

      必要ない場合もあるんですね。それは知りませんでした。