台湾おすすめ情報

台湾茶を飲むのに最適!キントーのティーポットはお手入れカンタンで見た目もオシャレ!

更新日:

台湾茶が好きで、台湾でお茶をよく買って帰るおっくんです。

つい最近、こんなツイートをしました。

台湾茶が好きでよく買って帰るのですが、急須の掃除が大変なので、実はあんまり飲んでいませんでした。でも、キントーのティーポットを見つけてから、掃除がカンタンになったので、おうちで台湾茶をよく飲むようになりました。お茶を注ぐときに傾けても落ちにくいし見た目のオシャレなのでグッド

キントーのティーポットがすごく優秀だったので紹介します。
台湾茶は好きだけど掃除がたいへんなので、あまりお茶を飲むことがなかったのですが、キントーのティーポットに出会ってから今では台湾茶を飲むのが習慣になっています。

よく行くカフェで見つけたティーポット。さっそく調べて購入してみました。

created by Rinker
KINTO (キントー)
¥2,234 (2021/07/26 22:51:25時点 Amazon調べ-詳細)

キントーのティーポットがお手入れがすごくカンタン

キントーのティーポットは、耐熱ガラスとステンレスの見た目シンプルなティーポットです。見た目のオシャレさにも惹かれています。
それだけでなく、お手入れもすごくカンタンなので、お茶を飲む方にぜひおすすめしたいティーポットです。

構造がシンプルなので、お手入れがすごくカンタン

キントーのティーポットの特徴は、構造がすごくシンプル。

パーツは2つだけです。
耐熱ガラスのポット。フタは茶こしとひとつになっています。

フタの所が網目になってまして、茶葉をこしてくれます。

ポットの口が大きく茶葉をとりだしやすい

ティーポットの口が大きいので、掃除をするときに茶葉をとりだしやすい。

底にたまった茶葉は水洗いすれば全部出てくれます。

注ぐときにこぼれにくい、液だれもしにくい

手持ちのティーポットはお茶を入れるときにちょっとこぼれやすいのがいやでした。
コップに入れたりとかするときにちょっと入れにくかったりします。

でも、キントーのティーポットはこぼれたり、そそいだあとの液だれもがおきにくいのがいいですね。

台湾のおいしいお茶が買えるお茶卸『林茂森茶行』

私は台湾のお茶卸のお店で台湾茶を買います。
よく行くのは迪化街(ディーホアジエ)のお茶卸『林茂森茶行』

お茶の卸のお店では自分の好きな量のお茶を買うことができます。

量は(一斤=600g)もしくは(半斤=300g)
またそれよりも小さいサイズ(150g)でも購入ができます。

日本語が非常に堪能なスタッフが多いので日本語で対応してくれます。

ちなみにお店の奥で試飲させてくれるスペースもあります。

台北・迪化街(ディーホアジエ)への行き方はこちら
台北・迪化街(ディーホアジエ)への行き方とおすすめのお店を紹介します

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在37歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで21回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾おすすめ情報

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2021 All Rights Reserved.