台湾華語(中国語)の勉強におすすめの台湾映画を紹介します【学習方法も紹介】

中国語

おっくんです。
せっかく台湾華語(中国語)を勉強するなら、楽しみにながら学びたいですよね?
それなら映画を使った勉強法がおすすめです。楽しく学ぶだけじゃなく、日常的に使えるフレーズもたくさん登場するのでオススメなんです。

ただし気をつけたいのが学習方法。ただ見るだけでは上達はしません。
そこで今回は、台湾華語(中国語)の上達に役立つ勉強方法と中国語学習初心者にも楽しめるおすすめの台湾映画を紹介します。

【無料体験】Amazon プライムに登録

スポンサーリンク

映画を台湾華語(中国語)学習にオススメする理由

映画で台湾華語(中国語)の勉強を行うメリットは、以下の3つです。

・楽しみながら中国語の勉強ができる
・実践的に使うフレーズが覚えられる
・リスニングの強化になる

映画を使った台湾華語(中国語)学習の方法

映画で台湾華語(中国語)の勉強を行うときのやり方は、以下の3つです。

・中国語音声+日本語字幕で観る
・何度も繰り返し観る
・日常シーンがある映画を選ぶ

台湾華語(中国語)学習におすすめの台湾映画

台湾華語(中国語)学習におすすめの台湾映画をご紹介します。

・ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど
・君のためのタイムリープ
・台北に舞う雪
・南風

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど

台湾に住む日本のドラマやアニメが大好きなリン。日本が大震災に襲われた直後、リンのFacebookに日本人青年モギからメッセージが届く。そうして始まったリンとモギのやり取り。そして実際に台湾で出会った二人。

君のためのタイムリープ

ジョンシャン(汪正翔)は、とあるきっかけで 1997 年にタイムリープしてしまう。夢を叶えるために日本に渡るも挫折し、自ら命を絶った高校時代の同級生、エンペイ(恩佩)を救うために奔走するが。

台北に舞う雪

渓谷沿いを走るローカル線の終点、菁桐(チントン)。この小さな町で孤児として育ったモウは、幼い頃に出奔した母親がいつか帰ってくるのを待ちながら、町中の雑用をこなす日々を送っている。

南風

東京で働く雑誌編集者の藍子は取材のため台湾へ。台北から日月潭までの道のりで16歳の少女トントン、台湾の青年ユウなどと出会い、夏の風を感じながら自転車で取材をする中で、自分を見つめ直していくという物語。台湾の海辺の爽やかな風景と、清々しいストーリーをお楽しみください。

思いっきり台湾映画を楽しむならVODがおすすめ

VODは「ビデオオンデマンド」の略で、インターネットを使って定額で映画やドラマを見られるサービスのことです。

ネットに繋がっていれば、スマホやタブレット、パソコン、テレビなどで、いつでもどこでても見れます。

おすすめのVODはAmazon プライムビデオです。
月額500円で「ドキュメンタル」などのオリジナル作品を楽しめるVODサービスです。
Amazonプライムビデオは、有名なドラマや映画も約10,000本も見ることができます。

しかも、Amazonの配送料が無料になったり、Amazonミュージックを聴けたり、動画以外にもメリットがたくさんあるのもポイントが高いですね。
なので、最安値でVODを使うならAmazonプライムビデオがおすすめです。

・差安値で使える
・Amazonの配送料が無料になる

さらに作品の入れ替わりも多いので、いろんな作品を見たい!という人は、ぜひ利用してみてください。

まとめ

日本にいながら台湾華語(中国語)の聞き取りを鍛えるには、台湾映画や台湾ドラマを見て、音読してを繰り返すことが大切。

紹介した台湾の映画の中からお気に入りの作品を見つけて、どれぐらい聞き取れるか挑戦してみましょう。

台湾華語(中国語)の勉強を思いっきり楽しむためには
台湾ドラマや映画などの動画サービス、YouTubeなどの動画を見て、覚えることが大切です。

楽しく中国語の勉強をしたい!という人は、
ぜひAmazon プライムビデオを利用してみてください。

楽しむには、インターネット回線がかかせません。
もし、スマホのデータ不足で、速度制限で悩んでるならWi-Fi環境を整えるのがおすすめです。Wi-Fi環境が整っていれば、データ容量を気にせず、映画やドラマを楽しめますよ。

さらにAmazonで買える『Fire TV Stick』を使えば、テレビで映画やドラマを楽しめます!

▼お家のネット環境を整える方法



コメント

タイトルとURLをコピーしました