中国語

中国語初心者はまずは発音練習をしっかりすることがおすすめです。

投稿日:

どうも、おっくんです。

インスタのフォロワーさんから、

「中国語初心者なんですが、中国語を話してみたい」「なんの勉強からはじめたらいいですか?」

という質問があったので、答えます。

結論から言うと、

「中国語を話したいなら、まず発音をしっかり勉強しよう」

です。

理由としては

  1.  正しく発音しないと伝わらないので、基礎をしっかり学ぼう
  2.  伝わると楽しくなるので、中国語を自信をもって話せる

正しく発音しないと伝わらないので、基礎をしっかり学ぼう

中国語には日本語のアクセントにはない四声があります。

また有気音、無気音、そり舌音などの日本語にはない発音もあります。

中国語特有の発音やアクセントをしっかりしておかないと、話しても相手に伝わりません。

相手に伝わらなければ、単語をたくさん覚えていても意味がないです。

なので、まずは正しい発音を覚えることが中国語取得の第一歩です。

きれいな発音を覚えていれば、自分の言いたいことが伝わりやすくなります。

覚えている単語が少なくてもいいので、キレイな発音ができていればとりあえずOK。

基礎さえしっかりしておけば、あとは少しずつ単語を覚えていけばいいのです。

伝わると楽しくなるので、中国語を自信をもって話せる

中国語を5か月ほど勉強したあとに、実際に台湾人の方と話してみました。

すると「発音がすごく綺麗です!」と褒められました。

はじめはめちゃめちゃ難しいと思っていた中国語の発音。それを褒められたのはすごく嬉しい。

褒められたら嬉しいですし、自信をもって話すことができます。

中国語の学習のモチベーションもあがりますね。。

発音練習はすごく地味なので、軽視しがち。

できれば早く飛ばしたかったのですが(笑)

あせらずしっかり発音練習しておいてよかったです。

はじめは中国語の発音が難しすぎて頭を抱えていました。

でも、繰り返し、繰り返し練習していくうちに、だんだんと口が慣れていきます。

ちょっとずつでいいから、前に進んでいくことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在37歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで21回ほど台湾旅行に行ってます。

-中国語

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2021 All Rights Reserved.