おっくんの台湾旅行記

台湾旅行記(5日目)台湾国鉄の使い方、チケット購入から乗車まで

更新日:

台湾旅行記(1日目)関空出発〜桃園空港へ
2014年4月29日〜5月4日までの間、5泊6日で台湾に旅行にいきました。

台北&高雄の旅行記をレポートしてみました。

前回の記事は台湾旅行記(5日目)爆竹の音が鳴り響く! 台南のお祭りに遭遇

今回は台南から高雄に戻るときの鉄道の使い方についてレポートです。
それでは、どうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉄道のチケットはどうやって買うの?

DSCN0996

鉄道のチケットは、台南駅の窓口に並ぶか、自動券売機で買えます。
中国語話せないよ〜という方は、窓口で筆談ができます。

「目的地・列車の種類・時刻・片道/往復」これを書いて見せれば、
中国語が話せなくてもチケットが買えます。

自動券売機は操作がカンタンで、前もって列車の時刻を調べなくても選択肢がでてきます。
時間と枚数を選べば購入できます。初めての人は券売機がおすすめです。

台鉄の時刻表検索 : http://twtraffic.tra.gov.tw/twrail/

DSCN0998

これが莒光号のチケット。運賃は、片道82元です。チケット左上に「莒光」と書いてあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉄道の運賃はどれくらい?

在来線は、特急、急行、快速、普通と分かれていて、それぞれ料金が異なります。
台南→高雄までの運賃は、急行は片道82元。特急は片道105元です。

高雄まで約50kmで所要時間は約50分ほどです。早いとおもうので急行で十分だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

次の電車はどうやって調べるの?

DSCN0997

台南でも日本と同じように電光掲示板があります。次にどの電車がくるかひと目でわかります。電光掲示板の一番右の表示は、莒光=急行、自強=特急という意味です。あと「晩5分」という表示が出ている場合、電車が5分遅れているということです。台湾では電車が5分、10分遅れるのは普通なので、のんびり待ちましょう。

莒光号の特徴は?

車内とっても広々です。窓側、通路側どちらでも快適です。

鉄道にのってから約50分ほどで高雄につきます。高雄駅からはMRTに乗り換えます。
MRT高雄駅から美麗島駅に行きます。めざすは六合夜市。台湾旅行最後の晩餐です。

続きはこちら
台湾旅行記(5日目)六合夜市で最後の晩餐を食べます

人気ブログランキングへ

▼ご挨拶

» おっくんって誰?
▼台湾旅行の持ち物
台湾でスマホ使うならレンタルWi-Fiは必須です。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾でスマホを使うならWi-Fiルータが必須です!1日590円で容量無制限の使いたい放題!


台湾旅行の持ち物リスト化してみました。
» 台湾旅行持ち物リスト!必要なものあると便利なもの
そろそろ台湾旅行が近づいてきたので持ち物を準備しないといけない!って方は必須です。


▼ホテル予約サイト

ぼくがホテルを予約するときはExpediaをいつも使っています。エクスペディア世界最大級の旅行サイトで、ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。さらに割引クーポンが定期的に発行されているので、お得に旅行にいくことができるんです。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載しています。

Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在35歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで18回ほど台湾旅行に行ってます。

-おっくんの台湾旅行記

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2019 All Rights Reserved.