台湾の夜市、食中毒は大丈夫? 生もの、お水に注意すること

DSCN0819

どうも、台湾の屋台の雰囲気が好きなおっくんです。
台湾の夜市や屋台はたくさんの料理が食べれて楽しそうだけど、屋台だから食中毒が心配。控えたほうがいい食べ物ってあるんでしょうか?

台湾の夜市では3つのポイントを気をつけたいです。
・屋台料理で生ものをは控える
・生水はお腹を壊すので、そのまま飲まない
・病気や体調不良になったときの対処を準備する

スポンサーリンク

いろいろ食べたい屋台料理!フルーツなどの生ものはひかえよう!

台湾の夜市は、臭豆腐や牡蠣オムレツなど台湾の代表的な屋台料理や、麺類、果物、ジュース、お菓子など、たくさんの食べ物があり、どれを食べようか迷いますよね。
いろいろ食べたいという気持ちもわかりますが、フルーツや生物はできるだけ控えるようにしましょう。

台湾は高温多湿で体力を消耗しやすく、慣れない環境では、日常に比べて疲れがたまりやすいです。
疲れが溜まったときに、生ものを食べるとお腹がこわしやすいので、十分に火が通った料理を食べるようにしましょう。

屋台の食べ物などには香辛料がたくさん使っている料理があります。胃腸が弱い方は、食べ過ぎてしまったり、食事が合わないときは、胃もたれするかもしれません。自分の体調と相談しながら、屋台文化を楽しみましょう。

生水はそのまま飲まない!喉が乾いたらコンビニの水、お茶を買おう!

生水はそのまま飲まない!喉が乾いたらコンビニの水、お茶を買おう!

台湾は年中、温暖な気候なので汗をよくかきます。水分補給はしっかりしたいですね。喉が乾きますが、水道水の生水をそのまま飲むのは止めましょう。

台湾の水道水は硬水で、日本の軟水に慣れている日本人はお腹を壊すことがよくあります。台湾の水道水を飲む場合は、必ず5分以上沸騰させること。

外で喉が乾いたら、コンビニエンスストアなどで、ミネラルウォーター、お茶、ソフトドリンクを買って飲みましょう。値段は500CCで5〜20元ほどで沢山の種類があります。台湾は日本以上にコンビニエンスストアが沢山あるので、すぐに探せると思います。

また台湾のお飲食店では、夏でも暑いお茶が出されます。日本のようなお冷のサービスは基本ありません。

生水を出されることは少ないですが、万が一お冷を出されたら、飲まないほうがベターです。購入したお茶や水を飲むようにしましょう。

旅はトラブルがつきもの!常備薬の準備をしておこう!

体調を崩したときにあると助かる常備薬

いままで台湾に10回ほど旅行に行っていますが、屋台の料理で食あたりを起こしたことは1度もありません。
単純に私の体が丈夫!ということかもしれませんが、病気になるまえに薬で対処しているからかもしれません。

旅行にトラブルはつきものです。だけど体調不良や病気になってしまうと、せっかくの旅行が楽しめませんよね。そのために、ふだん飲み慣れている常備約薬を用意しておくといいでしょう。

例えば、
「つい食べ過ぎてしまった」と思った次の日は、朝ビヨフェルミンを飲みます。
こってり系の中華料理を食べたあとは、夜寝る前に胃薬を飲みます。
バスやMRTの冷房に体が冷やされ頭痛になったときは、頭痛薬を飲みます。

そうやって事前に、対処してるから大きな病気や体調不良を起こさないのかもしれません。
基本は無理をしないこと。しんどいときはちょっと休むことも大切です。

以上3点を注意しながら、台湾旅旅を楽しみましょう。それではまたね。

あわせて読みたい


台湾旅行のお金はいくらかかるのか知りたい方はこちらの記事で確認できます。


台湾旅行にはどんな持ち物を持って行けば良いの?その疑問にお答えしています。


台湾旅行のホテルや航空券代などが安い時期について徹底的に調べてみました。


台湾の習慣やマナーを知らなかったことで、トラブルに巻き込まれないよう注意したいところです。

台湾旅行に行く人のために台湾旅行のベストシーズンはいつなのか、目的別にご紹介します。


台湾ドルの両替はどこがお得なのか、知っておくとお得に旅行できるので、ぜひ活用を!


台北で人気の朝ごはん屋『阜杭豆漿』おすすめメニューや待ち時間を紹介しています。

■ご挨拶
» おっくんて誰?

台湾旅行でwifiルーターをレンタルしてみました。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判

台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)
» 台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)