台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判

去年の台湾旅行で台湾データのWiFiルーターをレンタルしたおっくんです。

今回は使ってみた感想や、台湾データについて書いてみます!

レンタルWiFiといえば、イモトのWiFiがテレビCMも放送しているので知っていたのですが、台湾データは利用してる人も知らないですし、口コミも見たことがなかったので、台湾データについてしらべることにしました。

スポンサーリンク

運営会社は台湾最大の通信会社であり上場企業

台湾データの運営会社である「中華電信」は、台湾最大手の通信会社かつ台湾証券取引所にも上場しています。
台湾の通信会社なので、台湾国内ならどこでも安定的に接続ができます。

ちなみに台湾はフリーWiFiの整備がかなり進んでいる国です。
台北市のtaipeiFreeやセブンイレブンなどの他にもフリーWiFiがたくさんあり、日本よりもWiFi環境はかなり進んでいる印象があります。

今までの旅行では駅周辺で「taipeiFree」のフリーWiFiを利用していました。
ただ、正直は話をすると、ネットの速度が安定しなかったり、駅から離れるとめちゃくちゃつながりにくい問題がありました。

ネットが遅いときが多くて困っていたので、今回、つながりやすいという噂の台湾データのフリーWiFiをレンタルしてみました。

台湾データが他よりも良いところ

ここからは台湾データを使ってみて良かったところや他よりも優れてるポイントを紹介していきます。

どれだけ使っても1日690円!

台湾データを選んだ理由のひとつが値段の安さ!1日690円で使いたい放題なんです。これって普通のような気がするかもしれませんが、超過すると料金が追加されたり、通信速度に制限がかけらてたりするのでめちゃくちゃ重要なんです。

台湾データは使いすぎて通信制限がかかることがないし、日本の通信会社のパケットし放題よりも安い!

実は今、レンタル料金が690円→590円で借りれる春のキャンペーンが実施されています。
4月1日〜5月31日のお申し込みの方限定で、1日のレンタル料金が690円から590円で借りることができます。旅行計画中でWiFiをレンタルしようと思っている方は、まさに今がチャンス!

超高速!安定した速度でインターネットできる

台湾データを使ってみて、『ここは日本か?』と思えるほど早くてサクサクしていました。

1日中使っていて遅いと感じたことはありませんし、朝から晩までずっと安定していたので、ちょっとした調べ物をしたり、ツイッターやインスタを見たりできるし、サクサク快適にインターネットができました!

早くて安定した速度でネットが利用できる秘密は、運営会社の「中華電信」が、ほかの通信会社よりも電波中継基地局が多くあるので、電波をしっかりキャッチしているから速度が安定しているんです。

同時に10台までインターネット接続可能!

今回、奥さんと一緒に使ったのですが、問題なく使えました。
調べてみると同時に10台までインターネット接続ができる(パソコンでもスマートフォンでも使える)ので、グループで旅行にいくときなど台湾データひとつあればネット環境が整います。

ちなみに大人数で利用する場合、利用料金を1人あたりで割るとかなりお得ですね。

台湾データの予約方法と返却について

台湾データについてと、台湾データの他よりも良いところを紹介したあとは、実際に台湾データを予約するときの方法を説明します。

台湾データの予約方法

台湾データの予約は、まず台湾データのホームページの申し込みフォームからできます。
利用する期間(出発日、帰国日)や住所、氏名などを入力すると、出発前日までに郵送されます。
空港での受付も可能ですし、出発前に自宅に届けてもらうことも可能です。

今回は出発前に郵送してもらいました。

台湾データのレンタルしたレンタルルーターや予備バッテリーから充電器まで

これがレンタルした一式(WiFiルーター、充電器、予備バッテリー、あとパープルの袋)です。追加オプションとして「安心保障プラン」「予備バッテリー」をつけました。3泊4日のプランで料金は3,960円でした。(安心保障プランと予備バッテリーをつけなければ2,760円)

台湾データの返却方法

台湾データを返却するときの方法ですが、日本に帰国した後に、WiFiルーターや充電器などをパープルの袋に入れて、ゆうパックで送りました。

返却の方法もめっちゃ楽チン!次回からの旅行でも必ずレンタルしたいです。

台湾データのレンタルWiFiルーターは専用の袋に入ってます。

利用して良かったポイントと感想

台湾データを利用してみて、「ここがいいね!」と思ったポイントなど感想を書いていきます。

設定カンタン!すぐにネットが利用できた!!!!

レンタルWiFiを利用したのが初めてなので、なんとなく最初の設定がむずかしいんじゃないかと心配してましたが、WiFiルーターの電源をつけて、WiFiルーターに書いてあるアイパスワードをスマホで入力するだけで接続OK。

台湾データのレンタルWiFiルーターの真ん中を押すだけでインターネットができる

めっちゃくちゃカンタンすぎて拍子抜けしました
「いつ設定したっけ?」と思うぐらいカンタンな設定です。設定後すぐに利用できました。

めっちゃサクサク!快適にネット使えた!!!!

台湾データは、早い、安定していると聞いてはいたけれど、「実際使ってみないとわからないしなぁ」と思っていました。

台湾データを旅行中に使っていたのですが、日本にいるような感覚でネットサーフィンしていました
出先で、『ちょっと調べたいなぁ〜』ってときに調べられるのでめちゃくちゃ便利でした。ネット環境があると、ないとでは快適さが全然違いますね。

レンタルWiFiは紫の袋に入れて、リュックの中に入れて持ち運んでいました。サイズがコンパクトなので荷物にならないところがいいですね。

僕のネットの使い方は、台北ナビやブログなので、お店の営業時間をメニューを調べたり、近くのお店を調べたりするのに使ってました。
あと移動中にポケモンGOとか(笑)、休憩中にツイッターやインスタをしてました。

一日中WiFiを使っていたら、WiFiのバッテリーが少なくなるので、充電用のバッテリーで充電します。

充電バッテリーがあるので、出先でネットが使えなくなる、なんてこともありません。
自然に使えていたので、日本と変わらない感じでネットを使っていました。
旅行中は、なにかしらネットサーフィンしてましたね。

※ふたりで使うのでバッテリーの減りが早いとおもったので、バッテリーは追加オプションでつけてました。あまりWiFiを使わないという人は充電ケーブルは標準でついているので、夜のうちに充電しておけば予備のバッテリーは必要ないかもしれません。

まとめ、台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた感想

台湾はフリーWiFiが整備されている国ですが、利用できる範囲や速度に制限があるので、初めて台湾旅行に行くなら、速度サクサクで、料金が安い台湾データのWiFiをレンタルするのがオススメです。

台湾旅行リピーターの人も、WiFiがあれば急な予定変更もその場でスマホやパソコンでネット検索できるので、台湾データで快適な旅を手に入れましょう。

▼気になる人が今すぐ申し込みをしてみましょう!




WiFiレンタルするなら台湾データがオススメです。台湾データで快適な台湾旅行を楽しんでくださいね。それでは、またね(*´꒳`*)

▼旅行前に読んでほしいオススメ記事

■ご挨拶
» おっくんて誰?

台湾旅行でwifiルーターをレンタルしてみました。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判

台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)
» 台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)