台湾の治安は良いの?旅行を楽しむために注意したい6つのこと

こんにちは台湾旅行に14回ほど行っているおっくんです。今回は台湾の治安についての記事です。台湾は親日家が多いので親切にされることも多く、旅するのが楽しくなる国です。でも治安が悪い場所や注意することがあるはずです。

今回は台湾の治安や注意することについて調べてみました。今回は「台湾の治安や注意すること」について順に説明していきます。

スポンサーリンク

台湾ってどんなところ?

そもそも台湾は日本から2〜3時間いける海外です。台湾は日本の約10分の1程度の面積で、九州よりやや小さいです。日本から最も近い海外のひとつで首都は台北、日本からたくさんの旅行者が旅にいきます。

国名台湾
正式名称中華民国(台湾)
首都台北(Taipei)
面積3万6000km
人口約2330万5021人(2012年11月)
電圧110V,60Hz
時差1時間(日本より1時間遅れ)
国番号886
ビザ無査証で90日以内の滞在が可能

台湾旅行を楽しむために注意したい6つのこと

日本に危険なところがあるように、台湾にも危険な場所はあります。台湾で注意が必要な場所や気をつけたい行動についてまとめてみました。

1.夜にひとりでタクシーはのらない(特に女性は注意)

特に女性は日中であっても一人でタクシーを利用することは避けてください。過去に運転手が女性に対して性的暴行をしたというニュースがあり、危険であることは間違いありません。

どうしても利用する場合は、ホテルのフロントでお願いしましょう。
タクシーを呼んだ記録も残るので安心です。

台湾ではMRT(地下鉄)が発展しているので、移動はMRTで十分です。

2.車やタクシーの運転が荒いので安全確認をする

台湾は日本と比べて車やバイクの運転が荒っぽく危険です。これはタクシーやバスであっても同じです。日本だと一時停止する場面でも止まりません。スピードをかなり出しているので、歩行者として歩いてるときは、周りに注意しながら歩きましょう。特に交差点などでは安全確認を十分行ってから渡るようにしましょう。

3.人混みが多い場所はスリに注意する

人混みが多い場所では注意が散漫になりやすく、知らない間に財布やパスポートを盗まれていた。という事例がよくあります。とくに夜市、龍山寺周辺ではスリが多く危険です。

対策としては必要以上にお金を持っていかない、パスポートが必要でないときはホテルのセーフティーボックスに預けておきましょう。トラブルにならないように未然に防ぐことも大切です。

4.派手な格好は避ける。現地に溶けこむ服装にする。

旅行中の服装は派手な格好は避けましょう。ブランド物のバッグや貴金属などの装飾品や服装は、お金をもっていますよ。とアピールしているようなもの。ターゲットとして狙われやすくなり危険です。 服装は派手なものは避け、現地に溶けこむような格好を心がけましょう。

5.人混みが多い場所ではリュックを前に持つようにする。

たとえリュックの中に荷物を入れていても、小さい刃物などでリュックに穴をあけられ貴重品を盗まれる被害にあうこともあります。後ろに背負うのではなく前に持つようにしましょう。

対策としては人通りが多いMRT(地下鉄)や夜市ではリュックを背中に背負わず体の前に持ちましょう。細かいことですが、スリ被害に合わないように対策をすることが必要です。
またお店などで荷物を足元に置く場合、両足で挟むなど常に体につけておく。食事中は注意が散漫になるのでとくに要注意です。

6.女性は露出度の高い服装は控える。

海外旅行ということで開放的になり、羽目を外してしまうことが多いようです。台湾は日本よりも温暖で特に夏の時期は薄着になるのですが、行き過ぎるのも考えものです。異性を挑発している行為ととられたり、トラブルに巻き込まれやすくなります。軽く見られるような格好は避けましょう。

台湾の治安は世界と比べて良いの?悪いの?

台湾の治安は世界と比べて良いのか、悪いのか?どうなのでしょうか?

▼まずこちらのニュースから

2014年7月10日、米ウェブサイト「Lifestyle9.com」がFBIのデータを参考に選出した「世界安全な国・地域トップ10」で、台湾が日本に次いで2位だったことが、中国のネットユーザーの間で話題となっている。

安全な国・地域で、台湾が2位に=「台湾大好き!」「移民したい」「日本はなぜこの順位?」―中国ネット

1位は日本で、台湾が2位の安全な国である。という調査データです。台湾の治安は安全であることがわかります。

ただし、世界で2番目に治安がいい=完全に安全である。という判断はまだ早いです。
台湾は日本よりも犯罪が多いわけですから。日本以上に注意が必要というわけです。

さらに台湾旅行中ということは、いつもよりお金を持ち歩きますし、パスポートやスーツケース等の貴重品や荷物が多いので、日本にいるときよりも周囲に気を配る必要があります。それでは台湾は危険なところはあるのでしょうか。

▼あわせて読みたい:


台湾旅行で注意することは?観光・夜市・食事で気をつけること


台湾の治安は良いの?悪いの?調べてみた!


実は危ない?台湾旅行での危険な落とし穴があるよ。

■ご挨拶
» おっくんて誰?

台湾旅行でwifiルーターをレンタルしてみました。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判

台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)
» 台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)