雅香石頭火鍋 地元客でにぎわうお店、鍋が絶品すぎてかなりオススメ!


どうも、おっくんです。

カータンがブログで紹介していた「石頭火鍋」があまりにも美味そうだったので、調べて行ってみました。

↓ちなみにカータンのブログはこちら

台湾旅行記(7)どうしても食べたかったもの! あたし・主婦の頭の中

僕は何度も台湾に行っているけど「石頭火鍋」という食べ物は初めて聞きました。実はカータンが台湾に住んでいた30年前から台湾では人気の鍋なんだそうです。

これは絶対食べないといけないやつだ。

石頭火鍋のお店はいろいろあったのですが、西門にある「雅香石頭火鍋」がおいしそうだったので行ってみることにしました。

スポンサーリンク

西門の雅香石頭火鍋は30年以上も続く地元っこに人気の火鍋のお店

雅香石頭火鍋のお店の看板には1978年と書かれています。30年以上続いているお店なんですね。

雅香石頭火鍋のお店の看板には1978年と書かれています。30年以上続いているお店なんですね。

お店の最寄駅はMRT西門駅。このエリアはあんまり詳しくないのでグーグルマップにナビしてもらいながらお店に到着。

雅香石頭火鍋に到着したのは21時30分ごろ、お店の営業は11時30分から朝の5時まで。夜更かしさんが多いんですね。

雅香石頭火鍋のお店の営業は11時30分から朝の5時まで。夜更かしさんが多いんですね。

お店に到着したのは21時30分ごろ、店内はお客さんでいっぱいでした。

お店は家族連れや友達同士など大人数のお客さんが多かったです。

お店は家族連れや友達同士など大人数のお客さんが多かったです。

前のお客さんの片づけでお店の人が忙しいらしく、声をかけても、それどころじゃないみたいでした。

雅香石頭火鍋の入り口の前です。おそらくここから並んでねと書いているはず。

雅香石頭火鍋の入り口の前です。おそらくここから並んでねと書いているはず。

しかたないので、お店の前でまつことに。お店の店員さんは日本語も英語と使えません。なので、ここは身振り手振りで乗り切る!

しばらくすると、お店の人から声をかけられたので入店!いよいよ火鍋だ!

まずは牛肉か豚肉どちらがいいか聞かれます。

席に着くとお店の人に「牛肉と豚肉どっちがいい?」と聞かれます。※調べると豚肉のほうがおいしい!と書かれたブログがあったのでまよわず「豚肉」と答えました。

店の奥には様々な食材が入った冷蔵庫があります。ここから好きなものをとっていきます。お皿の色によって値段が違います。

店の奥には様々な食材が入った冷蔵庫があります。ここから好きなものをとっていきます。お皿の色によって値段が違います。

トマト、コーン、チンゲン菜、白菜などの野菜もたくさん入っていました。

トマト、コーン、チンゲン菜、白菜などの野菜もたくさん入っていました。

これは…なんでしょうね?よくわからなかったのでこれはお鍋にいれませんでした。

これは…なんでしょうね?よくわからなかったのでこれはお鍋にいれませんでした。

そして、そのあとは奥にあるでっかい冷蔵庫から食材を勝手にとっていく、鍋に入れるものにルールはなく、何を入れても良いので、好きなものをとっていきます。

冷蔵庫に入っている食材はお皿の色で値段が違います。日本の回転ずしみたいなものですね。

冷蔵庫に入っている食材はお皿の色で値段が違います。日本の回転ずしみたいなものですね。

冷蔵庫の食材はエビやイカなどの海産物、魚を使ったつみれなどの加工品、トマトやコーンやチンゲン菜などの野菜など種類はたくさんありました。

奥の冷蔵庫の隅にタレが置いてあります。セルフでタレを作っていくスタイルです。

奥の冷蔵庫の隅にタレが置いてあります。セルフでタレを作っていくスタイルです。

鍋を食べるときにつけるタレは冷蔵庫の横にあるので好みの味付けにする。ここもセルスなので、好きなようにしていい。

おいしいタレの黄金比的なもの壁にかいてあります。その通りにしてもいいし、好きな感じにしてもいい。ここは好みですね。

僕はパクチーとかの香草類もokなのでバンバンいれました。パクチーはちょっと…という人はいいれなくてもいいですからね。

あとビールやジュースなどの飲み物は入り口の横にある冷蔵庫から勝手にとっていきます。

お店の人に何か言わなくても問題なし。※あとで全部まとめて精算するのでご心配なく。

ここのお店はほとんどセルフなので、初めは戸惑ってしまった。ですが、これがここのスタイルなのだ。気にしない、気にしない。

栓抜きは飲み物のケースの横に置いてあるので勝手に開けよう。

調理はお店の人がしてくれます。なので、待つのみ。

材料が揃うとお店の人が調理してくれます。とにかく忙しいお店なので、お店の人の準備ができるまで待つこと。お店の人が油がはねないようにカバーをセットしてくれます。

まずお肉をごま油で炒めていきます。いい香りがしてきます。そのあとは持ってきた食材も順番に炒めていきます。そして最後にスープをドバドバと鍋の中にいれていき、食材に火が通ると「できたよ!」と声をかけてくれます。

そして完成したのがこれ!

作ったタレにつけて食べていきます。

そのあとは、どんどん追加してよし。好きなものを入れていこう。

食材がなかくなったら、また冷蔵庫から好きなものをとって、追加していきましょう。これのエンドレス。

雅香石頭火鍋がの行き方・アクセス

最後にお店の住所や電話番号です。

雅香石頭火鍋
住所:萬華區成都路159號
電話:02-2381-0255
営業時間:11:30〜5:00(定休日なし)

ずっと前から石頭火鍋のお店行きたかったので行けて大満足。しかも本当に美味しいお店だったので、ぜひまた行きたいです!

▼おすすめのグルメ記事
台湾でおいしいグルメ食べるならこちらの記事を参考に
» おすすめの台湾グルメ 台湾旅行に行ったら食べてほしい10選【2018年】

» 台湾の夜市で絶対食べておきたいおすすめグルメ

» 台湾旅行記「3泊4日のグルメ旅 台北旅行」(2016年10月)

▼ご挨拶
» おっくんって誰?

» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾旅行でwifiルーターをレンタルしたら、めっちゃ便利でした!

▼ホテル予約サイトで料金を比較してみる


Expediaは世界最大級の旅行サイトです。ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。


Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!


agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう