台湾の交通

【台湾新幹線】初心者のための乗り方ガイド

更新日:

台湾新幹線

こんにちは、台湾好きのおっくんです。

台湾新幹線(台湾高速鉄道)は、遠方の移動をスムーズにさせる乗り物です。
今回は、新幹線に乗りたいけど、乗り方がわからない!という方向けに
きっぷの購入~乗車~下車までのプロセスを詳細に解説しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾新幹線の乗車までの流れ

1.駅で切符を買う
2.切符の入手
3.改札機を通過
4.列車にのる
5.目的駅で降りる

1.切符を買う

台湾新幹線 窓口

カウンターか券売機で切符を買いましょう。係員は英語が通じるので、行きたい場所、時間などを伝えて切符を購入。伝えることはいつ(何月何日)どこからどこまで行くかです。クレジットカードは券売機でもカウンターでもどちらでも使用可能です。

2.切符の入手

チケットの表面に、出発駅と到着駅の名称や時刻などのほかに、座席の番号が記されています。チケットに記載されている内容が間違っていないか確認をしましょう。確認するところは(到着駅、時刻などです。)

3.改札機を通過

台湾新幹線 改札機

切符をを改札機に入れるときは、逆さまにして表面を下に入れます。折れやすいので取り扱いには注意しましょう。改札に係員がいますが、改札機は全自動化されています。

4.列車にのる

台湾新幹線 ホームにあがって列車に乗る

改札口を抜けたら、案内をみて乗車予定の新幹線の出発ホームを確認しましょう。ホームに上がり、新幹線が来たら乗車します。指定席の場合は、指定されて車両の座席に座りましょう。

5.目的駅で降りる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾新幹線、目的の駅に付いたら降りましょう。

新幹線が目的の駅に到着したら、ホームに降ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾新幹線の運賃と所要時間

台湾新幹線の運賃は標準、商務、自由席の3つに分かれています。
また台湾新幹線には各駅停車タイプと速達タイプの2つがあります。

たとえば台北〜高雄の所要時間は、
板橋と台中のみに止まる速達タイプなら所要時間96分、
各駅停車の場合、所要時間120分。

台湾新幹線の各駅からのアクセス

台湾高鉄と在来線の駅が離れているところもあるので、場所には注意が必要です。乗る場合は駅がどこか事前に調べておきましょう。

台北までの所要時間は?

台北までの最速の所要時間は、苗栗46分、彰化60分、雲林各72分。

「台湾新幹線」記事のまとめ

はじめての台湾旅行の「台湾新幹線」カテゴリで書いている記事を目的別に整理しました。参考になれば幸いです!

▼ご挨拶

» おっくんって誰?
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾でスマホを使うならWi-Fiルータが必須です!1日590円で容量無制限の使いたい放題!


▼ホテル予約サイト

ぼくがホテルを予約するときはExpediaをいつも使っています。エクスペディア世界最大級の旅行サイトで、ホテルと航空券を同時に予約するとお得です。さらに割引クーポンが定期的に発行されているので、お得に旅行にいくことができるんです。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルが最大75%OFF。アジアのホテルが豊富に掲載しています。

Hotels.comは通算10泊すると1泊無料になる特典あり。会員限定価格は最大50%OFF!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在35歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで18回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾の交通

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2019 All Rights Reserved.