台湾のタクシーの料金は高い?安い?乗り方や利用の注意点など

taxi_01

台湾のタクシーの料金は、安い?それとも高い?料金が高いのであれば旅行中の利用は避けたほうがいいですし、安いのであればどんどん使いたいですね。台湾のタクシーの料金が気になっている人も多いのでは。これは是非ともはっきりさせておきたい問題ですよね。今回は、台湾のタクシー料金と乗り方や利用の注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

台湾のタクシーの料金は高い?安い?世界のタクシーと比較してみた。

台湾のタクシーの料金は高いのか、安いのか。この疑問を解決するサイトがありました。それは旅行口コミサイトの「トリップアドバイザー」のサイトにある「1000円でどこまで行ける?世界主要年のタクシー料金」というコンテンツです。

1000円でどこまで行けるか?「世界主要都市のタクシー料金比較」。トリップアドバイザーのtripgraphics(毎週更新)で、世界の旅が見える!

これによると、タクシーの料金が一番高い国はオランダ。次は日本、その次はオーストラリアです。日本は世界で二番目にタクシーが高い国なのです。(SMAPのらいおんハートみたいなフレーズだ…w)
さて台湾はどうでしょう?台湾/台北のタクシー料金は1000円で16.411kmまで行けます。日本/東京は1000円で2.896km。約13倍の差があります。どれだけ日本が高いのかわかりましたね。

台湾のタクシーは初乗りの価格も安く、日本と比べるとめちゃくちゃ安い乗り物です。台湾のタクシーは是非とも旅行で使いたい乗り物ですね。

台湾のタクシー料金に仕組みについて

続いて台湾のタクシー料金の仕組みについてご紹介します。台北市内を走るタクシーはメーター制です。台湾のタクシー初乗り料金は1.25kmで70元。その後250m毎、または時速5km以下で1分40秒ごとに5元(約15円)ずつ加算されていきます。
23時〜翌6時までは深夜料金として20元が加算される。旧正月などの大型連休の場合も同じです。

トランクに荷物をいれてもらうと10元が加算されることになっていますが、お金を取らない人も多いです。電話でタクシーを呼び出したときも10元が加算されるんですが、お金を取らない人もいます。

もちろん加算されることが決まっているので、加算されていても文句を行っても安くなりませんので、ご注意ください。台北市内から空港までの料金は決まっているのでしょうか?これは、基本的に運転手さんとの交渉になります。相場は900〜1000元です。乗車する前に運転手さんにしっかり料金を確認しておきましょう。逆に空港から台北市内へタクシーで移動する場合、公定金額があります。桃園国際空港から台北市内の料金は1200〜1500元くらいです。
国内線用の松山空港の場合、市の中心部から離れていないので、市内への移動はほぼ全域が200元以内でいけると思ってください。

話をまとめると、

  • 初乗り運賃は(1.25km)は70元。
  • その後、250mごとに5元加算。
  • 23時~翌6時までは深夜料金20元加算。
  • 電話で呼ぶと10元加算。
  • トランクを使うと10元加算。
  • 市内から桃園国際空港まで行く場合、900〜1000元(運転手との交渉)
  • 桃園国際空港から市内は公定金額1200〜1500元。

海外旅行

台湾のタクシーの乗り方

台湾のタクシーの乗り方は日本と同じなんでしょうか?違いがある場合は事前に知っておきたいですね。台湾のタクシーの乗り方についてご紹介します。

タクシーに乗る

台北市内は流しのタクシーが多く、日本と同じように手をあげれば、すぐにつかまります。台湾の車は、日本とは逆で運転席が左側にあるので、乗車は後ろの右側のドアから。台湾のタクシーはドアが自動であきません。自分で開けて、降りるときは自分で閉めましょう。ここが日本のタクシーと違うところです。

行き先を伝える

行きたい場所をガイドブックなどの地図で見せる人もいますが、目が悪い運転手さんもいるので行き先を漢字で書いてメモで渡すのがいいでしょう。基本的にフレンドリーな人が多く、わからなくても一生懸命探してくれるので安心です。運転席の横に座った場合、必ずシートベルトを閉めましょう。ドライバーに注意されても、シートベルトをせずに警察に捕まった場合、罰金を払うことになります。これは海外の旅行者であっても容赦はありませんので、ご注意ください。

料金を払う

目的地に到着したら料金を払いましょう。
台湾のタクシーの料金は、日本と比べてかなり安いです。台北市内で遠距離の場所に行かなければ100元〜200元ぐらいの料金です。値段が安いので気軽に利用できる交通手段です。台湾のタクシーはメーター制。500元や1000元などの大きな紙幣で支払うとお釣りがない場合がある(運転手さんが必ずお釣りもっているとは限りません。)ので事前にコンビニなどで買い物して小銭を用意しておきましょう。両替直後などはお財布に1000元や500元が多くなるのでもし1000元や500元などの大きな紙幣で支払うときは、お釣りをしっかり確認しましょう。

話をまとめると、

  • 台湾のタクシーはボディーが黄色に塗られている
  • 屋根に「計程車」「出租汽車」と表示されている
  • 空車は日本と同じく、電光表示で「空車」と表示
  • 日本と同じく手を上げて乗りたいこと伝える
  • 台数が多いので、すぐにタクシーはつかまる
  • 日本語ができる人もいるが、行き先はメモで渡してあげる
  • 自動ドアではないので、自分で開けて、降りるとき自分で閉める
  • 台湾のタクシーはチップが必要ない。

タクシーを利用するときトラブルを避けるために気をつけること

台湾のタクシーを利用するときトラブルは、なるべく避けたいものです。ここではトラブルを避けるために気をつけることをご紹介します。

安全なタクシーを選ぶ

台湾でタクシーは乱暴な運転をするなぁ、と思うことがよくあります。台湾人はとても親切な人が多く、困っている人がいたら話しかけてくれて、とても優しいのですが、ハンドルを握るとどうやら性格が変わってしまうらしいです。(と私は勝手に思ってます。)

日本のタクシーだと一時停止する場面も、台湾のタクシーはガンガン飛ばします。日本なら道を譲る場面でも止まりません。とにかく飛ばすし、止まりません。
のんびりした日本人からすると、けっこう無謀な運転をしているので、冷や冷やしながらタクシーにのっています。

タクシーに乗るときはできるだけタクシーの車体がきれいなタクシーを選びましょう。車体が汚れていたり、シールがたくさん貼ってはるタクシーは利用しないことです。車の外観に気を配れる運転手であれば、運転などのマナーも安全である確率が高いです。

タクシーが動き出したらメーターが下がっているか確認する

台湾のタクシーは、ぼったくりなどが少ないです。今まで13回ほど台湾旅行に行っていますが、ぼったくりにあった経験はありません。法外な料金を請求されることは滅多位にないと思います。しかし注意点としてメーターを下げないといったケースもあるので、タクシーが走りだしたときメーターが作動しているのかしっかり確認しましょう。動いていない場合は、その場で運転手さんに伝えてトラブルを避けること。どうもタクシーの運転手が怪しい動きをしている場合、すぐに降りてしまったほうが良いです。

タクシーの助手席に乗ったらシートベルトをつける

タクシーの乗るときは基本的に後ろの席に座ることが多いのですが、人数が多かったりすると助手席に座るシーンがたまにあります。前の席に乗った場合は、シートベルトをお忘れなく。運転手さんに注意されてもシートベルトしなかったら、警察に捕まったとき罰金を払うことになります。

夜間に女性ひとりでタクシーを利用するのは避ける

台湾のタクシーを利用するときにもっとも気をつけたいことは、夜間に女性ひとりでタクシーを利用するのは避けましょう。台湾は治安がよく、親日家が多いと言われていますが、台湾のタクシー運転手が日本女性に対して暴行したりレイプした事件があります。夜遅くなる場合はMRT(地下鉄)を使いましょう。どうしてもタクシーを利用する場合は、ホテルや飲食店の人にタクシーを呼んでもらおう。記録が残るので安心です。

話をまとめると、

  • 車体がキレイなタクシーを選ぼう(広告などが貼られていない)
  • メーターが下がっているか確認
  • 夜間の女性ひとりでの乗車は控える
  • 小銭を用意しておく
  • 行き先は地図ではなく紙に書いて教える
  • お店の名前ではなく住所を伝える

まとめ

今回の「台湾のタクシーの料金は高い?安い?乗り方や利用の注意点など」いかがでしたか。海外で初めてタクシーに乗るとなると勝手が分からず困るものです。この記事を参考にして、台湾旅行でタクシーを上手に利用して快適な旅を楽しんでください。それではまたね。

あわせて読みたい!