台湾グルメ

台中・逢甲夜市でおいしかった蛋餅(台湾風クレープ)『明倫蛋餅』

更新日:

台中の逢甲夜市にある明倫蛋餅の蛋餅を食べてきたおっくんです。

前回の『天使鶏排逢甲店』に続いて、台湾の朝ごはんの定番の蛋餅(台湾風クレープ)が食べれる屋台に行ってきました。

蛋餅って朝食べるものってイメージがあるけど、夜に食べてもおいしいんですよね。

並んでみました、食べてみました、めっちゃうまかったです。

蛋餅は、もちもち食感の生地、中には卵とネギ、軽~くペロリと食べれちゃいます。

今回は台中の逢甲夜市に『明倫蛋餅』の紹介です。

さっそく、いってみましょう!(^^)/

台中の逢甲夜市にある蛋餅が食べれる屋台『明倫蛋餅』

『明倫蛋餅』は台中の逢甲夜市にあります。蛋餅(台湾風クレープ)が食べれるお店です。
お店の外観はこんな感じです。

こちらは本店(明倫蛋餅)で、近くに別の店舗(明倫蛋餅二店)があります。
今回行ったのは本店です。

明倫蛋餅の外観

明倫蛋餅の外観

おっくん
台湾朝ご飯の定番の『蛋餅』。朝からおいしいものを食べれは幸せな気持ちになれますね。
『明倫蛋餅』で食べた蛋餅は、もちもちの食感の生地で、とっても美味しい味でした。

もちもち食感がおいしい!台湾の朝ごはんの定番『蛋餅(台湾風クレープ)』

ほかのお客さんの注文が終わったので、さっそく『蛋餅』(45元)を注文しました。

明倫蛋餅の外観

明倫蛋餅の外観

薄く焼いた生地に溶き卵とネギを載せて、クルクル巻いたらできあがり。
その慣れた手つきに魅了されながら、しばらくながめていました。

ホテルに持ち帰って食べてみることにしました。

やっぱり、おいしい・・・。

蛋餅は、もちもちしたやさしい食感で、口いっぱいに卵とネギの味が広がります。

軽い食感で・・・あっという間にペロリと食べれちゃいました(笑)

もうひとつ頼んでおけば、よかった・・・。

朝の定番の蛋餅は、朝食べるのはもちろん、夜食べてもやっぱりおいしいのである。
いや、むしろ夜にぜひ食べてほしい一品だと思いました。

明倫蛋餅のお店情報

明倫蛋餅の外観

明倫蛋餅の外観

店名:明倫蛋餅
住所:No. 546號, Fuxing Road, Xitun District, Taichung City, 台湾 407
営業時間:15時00分~翌1時00分
定休日:なし

明倫蛋餅二店の外観

明倫蛋餅二店の外観

すぐ近くに別の店舗(明倫蛋餅二店)がありました。

店名:明倫蛋餅二店
住所:No. 1-1, Wenhua Road, Xitun District, Taichung City, 台湾 407
営業時間:15時00分~翌1時00分
定休日:なし

明倫蛋餅の場所を地図で確認!

グーグルマップでお店の場所を確認する

そんなわけで、今回もとっても美味しかったです。
最後まで読んでくれてありがとうございました(^^)/

ラ ヴィダ ホテル(La Vida Hotel)の外観

ラ ヴィダ ホテル(La Vida Hotel)の外観

追伸:

台中で泊まったホテルは『ラ ヴィダ ホテル(La Vida Hotel)
ホテルから歩いて8分で逢甲夜市です。めちゃくちゃ近い(^^)/
逢甲夜市に行くならラ ヴィダ ホテル(La Vida Hotel)へ宿泊すると良いでしょう。

▼ラ ヴィダ ホテル(La Vida Hotel)の口コミはこちら
【台中】ラ ヴィダ ホテル(La Vida Hotel)に宿泊したので口コミ書きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在37歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで21回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾グルメ

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2021 All Rights Reserved.