台湾旅行の準備・計画

台湾から日本への出国手続き

更新日:

はじめに

楽しかった台湾旅行もおわりになりました。日本に帰らなくてはなりません。
台湾の空港へはいつまでに行くの、
ついたらどこに行ったらいいんのかな~?

台湾旅行が大好きな著者はこれまで10回以上台湾に旅行にいっています。
ここでは、台湾から日本への出国手続きで、注意するべきコトをご紹介します。

空港利用の注意点

まず空港には出発の最低2時間前には到着するようにしましょう。
台北、高雄市内の交通渋滞でバスや電車の遅延が発生することもあるので、
余裕を持って空港に向かいましょう。台湾元を日本編への再両替も忘れずに。

日本出国の流れ

1 チェックイン(搭乗手続き)

2 台湾元を日本円に再両替

3 税関審査

4 出国審査

5 搭乗ゲート

6 搭乗

となります。

1 チェックイン(搭乗手続き)

空港使用税は300元、航空券を購入する際に支払うシステムなので支払う必要はない。パスポートと航空券を提示し、搭乗券と税関申告書を受け取る。機内持ち込みの手荷物以外の荷物をカウンターに預ける。航空券の残券も忘れず受け取る。

2 台湾元を日本円に再両替

余った台湾元を、空港内の銀行で外貨に換金できる。

3 税関審査

特に課税対象になるものを持っていない時は「快速海関台」へ

4 出国審査

パスポートを提示、出国旅客申報単を渡す。規制品や禁制品がなければ、特に問題なし。

5 搭乗ゲート

搭乗券に「搭乗ゲート番号」と」搭乗時間」が記載されているので、事前にチェックしてきましょう。

6 搭乗

搭乗は出発の30分前から始まる。搭乗ゲートでは、航空会社の係員の案内またはアナウンスに従い、航空券の確認を受けてから搭乗しましょう

おわりに

空港での出国手続きは慣れないものですよね。
出発前の準備をしっかりし、当日慌てることのないようにしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

台湾好きのおっくん

台湾好きのおっくんです。1983年生まれの現在37歳です。大阪で働くサラリーマンです。2007年に台湾旅行に行ってから台湾好きになり、今まで21回ほど台湾旅行に行ってます。

-台湾旅行の準備・計画

Copyright© おっくんの初めての台湾旅行 , 2021 All Rights Reserved.