台湾旅行に行くときの海外旅行保険の選び方

kaigairyokou-hoken-erabikata

どうも、台湾好きのおっくんです。

今回は、台湾旅行でトラブルが起きたときの対策として、海外旅行保険の選び方についてご紹介します。台湾でケガや病気になったとき、考えられないような高額な医療費がかかる場合があります。トラブルがおきたときの対策として海外旅行保険に入っておくと安心です。

記事では海外旅行保険の選び方について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

海外旅行保険ってなに?どんな補償があるの?

海外旅行保険とは、旅行先でケガや病気になったり、盗難などにあったり、手荷物がなくなってしまったなど、さまざまなトラブルがおきたときの出費を補償してくれるものです。
保険料は掛け捨てで、旅行期間と保所額で料金が決まってきます。一般的に一週間8,000円程度です。お守りのようなものなので、ぜひ加入しておきましょう。

どちらを選ぶ?海外旅行保険付きクレジットカードor保険会社の海外旅行保険

海外旅行保険には大きく分けてふたつあります。海外旅行保険付きクレジットカードと保険会社の海外旅行保険。

海外旅行保険付きクレジットカード
クレジットカードによっては海外旅行保険付きのクレジットカードがあります。自分がもっているクレジットカードが海外旅行保険付きなのかどうかを確認する。インターネットで調べるかカード会社に問い合わせをしてみましょう。保所金額はカード会社よって異なりますのでそちらもあわせて確認してみましょう。またクレジットカード入会後、一ヶ月は海外旅行保険はついていませんでの注意すること。補償額に不安がある場合は、カードに補償を上乗せできるタイプの保険もあります。海外旅行保険付きクレジットカードの補償額などを確認して加入するかどうかを決めましょう。

保険会社の海外旅行保険
クレジットカードに海外旅行保険が付いてない場合、セット型海外旅行保険に加入することがおすすめです。基本契約に特約がつくので、すこし高くなってしまうのですが、あらゆる角度で旅行者をサポートしてくれます。海外旅行保険の補償内容と金額は日本のガイドラインがあり、どの保険を選んでもほとんど変わりはありません。選ぶポイントとしては「1.現地に対応する事務所があるのか?」「2. 24時間日本語対応のサポートが無料でつけられているか?」です。

いつ加入すればいい?2週間前までの申し込みがおすすめ

海外旅行保険は海外旅行に行くために自宅から一歩でたときから適用されます。たとえば空港に向かう途中で交通事故にあい骨折した場合、治療費は旅行保険の対象になり支払われます。

空港で加入できるセット型保険のみすぐに加入ができますが、余裕をもって2週間前までに申し込まれると安心です。

また最近ではインターネットで申し込みできる海外旅行保険も増えてきています。たとえば「新・海外旅行保険OFF(損害保険ジャパン日本興亜)」「ネットde保険@とらべる(三井住友海上)」「AIUの海外旅行保険(AIU損害保険)」などほかにはインターネットで加入すると保険料が大幅に割引になるものもあります。こちらもぜひチェックしてみましょう。

最近のおすすめ記事

台湾旅行でwifiルーターをレンタルしてみました。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判