「台北 時差」は日本時間をマイナス1時間すればいいんです

「台北 時差」は日本時間をマイナス1時間すればいいんです

こんにちは、台湾好きのおっくん(@hajimeno_taiwan)です。

台北に旅行にいくとき気になる時差。初めて台湾旅行をする場合、台北の時差が気になる人も多いのではないでしょうか。
今回は、台北時差の計算方法と時差を確認するのに持っていくと便利なアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

台北時差の時間はどうやって調べる?

海外旅行で気になる時差、台北と日本の時差はどれぐらいあるんでしょうか?
まず台北の時差ですが、日本と台北には1時間の時差があります。日本から近い台湾とは時差がないので、旅行をするうえで便利な国のひとつです。時差があるといわゆる時差ボケなどで旅行を楽しめなかった!ということがありますが、台湾は時差問題とは無縁の国です。

台北時差の計算方法は、日本時間からマイナス1時間すれば台北の現地時間になります。

例えば、日本時間が9時だった場合、台北は8時になります。つまり日本と台北の時差は日本のマイナス1時間になります。

海外旅行でよくある時差ボケとは全く無縁ですが、ただし時間に差があるので、日本時間と勘違いしないようにしたいところです。とくに予約をしていたりする場合、「お店についてから1時間間違っていたことがわかった!」となると予定していたスケジュールが変わってきますし、それだけならいいのですが、日本に帰国するときに時間を誤っている場合は、最悪日本に帰れなくなりますので、しっかりと現地時間と日本の時間を把握しておきたいですね。

時差の確認で便利なのがスマートフォンです。台湾に到着したらスマートフォンを確認。スマートフォンの時計が台湾の時間に自動的に切り替わります。持っていくと便利なのでスマートフォンは是非持って行きましょう。台北には無料のwifiがあるので旅行中よく使う機会があるので、スマートフォンの充電器は必ずもっていきましょう。

スマートフォンの充電器は、現地で探すことも可能ですが、探す時間ももったいないですし、高い場合があるので日本からもっていくことをおすすめします。

まとめ

今回の「台北 時差」は日本時間をマイナス1時間すればいいんですの記事はいかがでしたか?日本から近い台北。時差は1時間なので、時差ボケとは無縁ですが、時間でのトラブルにならないように、台北での時間を知っておきたいものです。スマートフォンがあると現地の時間が自動で切り替わるので便利です。是非持って行きましょう。
この記事の内容をあなたの旅行の計画にぜひ役立ててください。それではまたね。

■ご挨拶
» おっくんて誰?

» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾旅行でwifiルーターをレンタルしたら、めっちゃ便利でした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう