あなたは台湾でどんな旅をする?周遊型?滞在型?

桃園国際空港

どうも、台湾好きのおっくんです。
台湾旅行の時期が決まったら、次はあなたの台湾での旅のスタイルを考えましょう。周遊型、滞在型のどちらに適しているのか、よく考えてツアーや個人旅行を決めていきましょう。

周遊型は移動が多いので体力に自信がある行動的な人向きです

台北や台中、台南などの複数の都市や観光地を積極的に見て歩き、移動するのが周遊型です。台湾の個性的な都市を見て回るので台湾を満喫するにはいい旅のスタイルです。ただし、移動が多くなるので、あまり体力がない人や、足が不自由な人、同行者に年配の人や子供がいる場合は、周遊型でもひとつの都市に2泊以上するツアーを選びましょう。周遊型は毎日の荷造りが大変なので、ひとつの都市に2泊以上ならホテルでゆったりできる時間があるでしょう。

滞在型は同じ場所でゆっくりと旅を楽しみたい人向きです

同じホテルや都市に滞在し、自分のペースで過ごすのが滞在型。ホテルでゆっくりしたり、ホテルの周辺に出かけてみたり、ゆっくりと旅を楽しむ人向けです。同行者に年配の方や子供がいる場合はおすすめです。また大人数の旅行も滞在型がおすすめです。周遊型は移動する時間が長いので体力がないお年寄りや子供には不向きだからです。滞在型なら同じ都市に滞在するのでホテル選びがポイントになります。交通アクセスがしやすい立地、そして治安をよいところを選ぶのがポイントです。そのためにホテルの比較などでトリップアドバイザーや個人のブログなどの口コミなどを参考にホテル選びの検討を充分に行いましょう。

台湾旅行、周遊型の一例:台湾周遊5日間

台湾の人気9都市(台北、台中、日月譚、台南、高雄、台東、太魯閣、花蓮、九份)を周遊するツアー。はじめて周遊型を参加する場合は添乗員同行ツアーが安心です。また個人では行きにくい太魯閣、花蓮などもツアーなら移動が楽です。まずは台湾のさまざまな都市を楽しむためにはうってつけの旅のコースですね。

こちらも:どうやって調べる?台湾の旅行情報の集め方

こちらも:初めの台湾旅行、旅の計画・手配は、いつ何をするの?

■ご挨拶
» おっくんて誰?

» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾旅行でwifiルーターをレンタルしたら、めっちゃ便利でした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう