台湾の夜市で食べたいおすすめグルメ

台湾といえば、庶民文化の夜市です。深夜まで営業している屋台が数多くあり、安くておいしいグルメを楽しめます。この記事では「台湾のおいしかったグルメ」をまとめてみました。
台湾は週末を利用して気軽に行ける場所なので、まだ台湾に行ったことがない方も、もっと台湾を極めたい台湾好きの方もぜひご参考ください!

スポンサーリンク

夜市でおすすめグルメ

臭豆腐 (チョウドウフ)

臭豆腐は、発酵させた豆腐。揚げるか辛いスープで似て食べる。
臭豆腐はなんとも言えない強烈なニオイです。
揚げている時の周辺は、気絶しそうなぐらい の強烈なニオイに襲われますが、
食べてみるとニオイはあまり気にならな い。やみつきになりますよ。

生煎包 大上海生煎包/士林夜市 台北

gourmet_004

肉まんに似た包子を煎ったもの。もとは上海名物ですが、現在は各地の屋台の定番料理です。
士林夜市にある「大上海生煎包」(ダーシャンハイ シェンジェンバオ)。熱々の焼き肉まんを売っているお店です。
ほおばると口いっぱいに肉汁が!熱々でとっても美味しいですよ。
菜包は10元、肉包は12元

豪大大鶏排の大雞排 (ダージーパイ)/士林夜市 台北

gourmet_001

人の顔の大きさくらいのジャンボ唐揚げ。
「豪大大鶏排」は、士林夜市の人気B級グルメ店のひとつ
ジャンボ唐揚げをもとめる人でいつも行列が並んでいます。
味は塩味ですが、少し辛めのチリパウダーもお好みでトッピング可。
50元(150円)

蚵仔煎 (オアジェン)  牡蠣オムレツ/士林夜市 台北

gourmet_002

蚵仔煎 (オアジェン)は台湾の代表的な小吃で、カキ入りのオムレツです。
見た目がお好み焼きみたいに見えますね。生地に片栗粉とさつまいも粉が使われていて、食感はもっちもちのとろとろです。特製のどろどろとした甘ダレが、おいしさの決め手なんです。

50元(150円) ニラ、春雨、牡蠣、卵の食材を中に入れて包んでから油であげます。 こんがりきつね色になったら、いただきまーす。 ボリューム満点で、濃厚な味。

阿宗麺線/士林夜市 台北

gourmet_003

日本のそうめんに似ている食感。台湾独自の細い麺です。豚の大腸が入った
とろみとコクのあるピリ辛スープは、クセになる味ですよ。ぜひお試しあれ。
鰹ダシが効いているので、日本人でも食べやすいですね。
大腸麺線 60元(約180円)

gourmet_003_01

西門にある大腸麺線で有名な阿宗麺線。ここは士林夜市の支店です。

夜市にもっていくと便利なもの

ウェットティッシュ

夜市の食べ歩きでかかせないのがウェットティッシュです。
どの屋台にもウェットテッシュやティッシュを置いていません。
もっていないと手がベタベタになるので、持っていくのをオススメします。

小銭や小銭入れ

夜市には両替をする頃がありません。小額紙幣や小銭などの準備を忘れずに。
また大きな財布を出し入れするのは、邪魔になるので小銭入れを持って行くと便利です。

タオル

夜市では汗をかくのでタオルは持って行くと便利です。

おわりに

台湾は、旅をすれば、だれもが「もう一度行きたい」と思える場所です。
1度目よりも2度目、2度目よりも3度目と回数が増すほど魅力を感じることでしょう。
週末を利用してぜひ台湾を楽しんでみてはいかがですか。参考にしていただければ幸いです。

■ご挨拶
» おっくんて誰?

台湾旅行でwifiルーターをレンタルしてみました。
» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判

台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)
» 台湾旅行記「3泊4日で楽しむ!台北旅行」(2016年10月)



▼にほんブログ村 台湾旅行ブログランキングに参加中! 今週は何位かな?
▼にほんブログ村 台湾旅行ブログランキングに参加中! 今週は何位かな?