50嵐でタピオカミルクティー注文してみた、ドリンクの注文方法

ゴールデンウィークに奥さんと高雄旅行に行ったおっくんです。
黄色い看板が目印の「50嵐」に行ってきたのでそのときのことや注文方法などを書いてみたいと思います。

打狗英国領事館の観光したあとにホテルまでの自転車で帰っていたのですが、途中で「50嵐」を見つけたので、行ってみよう〜という流れでお店に行ってみました。

スポンサーリンク

50嵐は台湾で人気のソフトドリンクチェーン

「50嵐」(中国語読み:ウーシーラン)は今、台湾でもっとも人気のソフトドリンクチェーンです。台南発祥のお店で瞬く間に台湾全土にお店ができています。イエローの元気な色の看板が目印で「あ、50嵐ある!寄ってこ」っと遠くからでも良く目立ちますよ。

めっちゃ良心的な値段なのもうれしいところです。大体のドリンクが30元〜35元ぐらいの値段です。日本円だと120円から140円くらいの計算になります。日本でタピオカミルクティーを飲もう思うと高いですからね。

50嵐の注文は氷の有無・甘さ・サイズなど細かく選べる

50嵐での注文は口頭なのですが、メニュー表があるので英語や中国語ができない場合は指差しで注文します。ぼくは英語も中国語もわからないので指差しで注文しましたよ。

まずは飲みたいドリンクと注文数を店員さんに伝えます。飲み物サイズは(M、L)から選びます。

基本メニューを見ながら注文するのですが、商品をオーダーしてそのあとにサイズ、甘さ、氷の量などを聞かれます。氷の量<正常冰、少冰、微冰、去冰(氷なし)> 甘さ<正常甜、少糖、半糖、微糖、無糖> サイズ〈小、大)

砂糖の量をイラストで書いてあるので、指差しでオーダーするのもカンタン。

砂糖の量をイラストで書いてあるので、指差しでオーダーするのもカンタン。

カウンターに図式で説明があるので、こっちのオーダーも難しくはないと思います。一つ注意点として甘さは微糖ぐらいにしないと日本人にはちょっと甘いかもしれません。

タピオカミルクティーとレモン紅茶を注文してみました

今回タピオカミルクティーとレモン紅茶を注文しました。

タピオカがミニサイズでのどごし最高でした

タピオカがミニサイズでのどごし最高でした


レモン紅茶、微糖にしたので爽やかな甘さでおいしかったです

レモン紅茶、微糖にしたので爽やかな甘さでおいしかったです

表記は
タピオカミルクティ(珍珠奶茶)「mini Bubble Milk Tea」
レモン紅茶(微檸檬紅)「Light Lemon Black」

メニューを見ていて気付いたのですがタピオカミルクティーの英語表記で「mini Bubble」と書いてあったのでそれを注文したのですが、これがタピオカのサイズが小さいということみたいです。


中国表記で小さいタピオカ(珍珠)、大きいタピオカ(波覇)となっていました。小さいのと大きいのをまぜまぜするのもあるみたいですよ。

初めて小さめのタピオカミルクティーを飲んでみたのですが、ぼくは大きいよりも小さい方が好きだなーっと、のどごし?がスルスルスルーって感じで入ってくるので好きです。

今度お店に行くときは小さいのと大きいのをまぜまぜしたのを挑戦してみようかなーっと思っていたりします。

お店は2人の女性で切り盛りしてたのですが、お客さんが来ると「いらっしゃいませ」と中国語で元気良く掛け声をしていているし、お客さんの注文したドリンクをめっちゃ手際良く作っていて「仕事できるわー」と奥さんと感心しておりました。ほんと、すごいなぁーっと

50嵐を見かけたらぜひ寄ってみよう

50嵐のお店は知っていましたが、行ったのははじめてです。今回行ったのは高雄にある店舗でしたが、台北などにもお店があるで、街中を歩いているとすぐ見つけれると思います。メニューも豊富で今回紹介したもの以外にもたくさんのジュースがあるので、怖いものみたさで是非トライしてみてください。せっかくの旅なので、全然知らないものを挑戦してみるのもいいですよ。

お店を見かけたら、ぜひ寄って行ってみましょう。

ちなみに向かいには「高雄婆婆冰」のお店が見えていました。ここも今回の旅行で行く予定なので、あったのでびっくりw

▼高雄グルメのお店

台湾・高雄にあるオシャレな火鍋屋さん「無老鍋」赤と白の薬膳鍋が絶品!

■ご挨拶
» おっくんて誰?

» 台湾データのレンタルWiFiルーターを借りてみた口コミ、評判
台湾旅行でwifiルーターをレンタルしたら、めっちゃ便利でした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう