台湾夜市でぜひ食べて欲しい食事・デザート10選

スポンサーリンク

はじめに

台湾は、夜市をはじめ深夜まで営業している屋台や飲食店が数多くあり数多くのグルメを楽しめます。この記事では「台湾でぜひ食べて欲しいもの10選」をまとめてみました。台湾は週末を利用して気軽に行ける場所なので、まだ台湾に行ったことがない方も、もっと台湾を極めたい台湾好きの方もぜひご参考ください!

蚵仔煎 (オアジェン)

蚵仔煎 (オアジェン)は台湾の代表的な小吃で、カキ入りのオムレツである。
見た目がお好み焼きっぽく見えますよね。生地に片栗粉とさつまいも粉が使われていて、食感はもっちもちのとろとろです。特製のどろどろとした甘ダレが、おいしさの決め手なんです。

胡椒餅

胡椒餅は、台湾小吃の定番。胡椒がきいた肉の餡に、中はもっちり、外はパリパリの皮が特徴の食べ物です。
口に頬張ると肉汁が溢れ出ます。胡椒がピリッと効いていておいしい。筒状の炉に肉まんを貼って焼き上げます。

牛肉麺

牛肉麺は牛骨や牛スジを煮込んだスープに牛肉の塊がどっさりのっています。
麺はやや固めの太麺。濃い目のスープによく絡みます。

魯肉飯(ルーロウファン)

魯肉飯(ルーロウファン)は豚ひき肉、ネギ、しいたけ、じっくり煮込んだものをのせたご飯。
タレとご飯がマッチしておいしい。

大腸製麺

大腸製麺
大腸製麺は、鰹だしで煮込んだ麺と豚の大腸がはいった麺料理です。麺が極細で日本のそうめんによく似ています。
とろみとコクのあるピリ辛スープは、鰹だしなので日本人向けの味。ぜひお試しあれ。
豚の大腸はモツとよく似た食感で美味しいです。豆板醤や烏酢(台湾の黒酢)を入れてかき混ぜ、スプーンで頂きましょう。
台北の西門町にある「阿宗麺線」は、いつも行列が並んでいる大腸麺線の有名店。

臭豆腐 (チョウドウフ)

臭豆腐は、発酵させた豆腐。揚げるか辛いスープで似て食べる。
臭豆腐はなんとも言えない強烈なニオイです。
揚げている時の周辺は、気絶しそうなぐらいの強烈なニオイに襲われます。1回目、2回目の台湾旅行では食べる勇気がなく、3回目でやっとトライしました。
食べてみるとニオイはあまり気にならない。それ以降やみつきになりましたよ。

小籠包

世界に誇る台湾名物として定着した小籠包。発祥地は中国大陸の上海だが、台湾では絶えず味に磨きがかかっている。小麦粉で作った薄皮に豚肉などのあんを包み、蒸籠蒸した点心。針ショウガをれんげにとり、小籠包といっしょに食べるとおいしい。口いっぱいにお肉の旨味が広がります。スープがあつあつなのでやけどにご注意を!

小籠包といえば「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。行列が絶えることがない小龍包の有名店。
1993年、アメリカの『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」に選ばれました。同紙の紹介によって一躍知名度が上がり、台湾国外から多くの観光客が、台北の店舗に来店しました。

マンゴーかき氷

ふわふわの氷の上に、マンゴーがどっさりのったかき氷。南国台湾ならではの、ボリューム満点の贅沢なデザート。
食べられる期間は4月〜10月です。

さっぱりとした甘さで、暑い夏にぴったりです。

タピオカミルクティー

ミルクティーにブラックタピオカを入れた飲み物。砂糖の量を調整してくれるお店があります。英語ではバブルティーと言います。

油餅

もち米で作った生地を低温の油で煮るようにあげることで、モッチモチの食感に。トッピングでピーナツパウダー粉をまぶすことで香ばしくなります。烏龍茶によくあう

台湾夜市でぜひ食べて欲しい食事・デザート10選
この記事をお届けした
初めての台湾旅行の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする