龍山寺は恋に効く?縁結びスポット


IMG BY balmung photography (王韋証 wang wei zheng )

「あの人との恋を叶えたい。」「運命の人と出会いたい。」「幸せになりたい。」国は違えど乙女の願いは変わりません。

台湾では老若男女問わず、お寺や神社に参拝することが生活の一部になっているようです。とくに龍山寺は、さまざまな祈願をすべく、多くの人が訪れています。

さて、今回は恋に効く?縁結びスポットの龍山寺について詳しくご紹介します。
それでは、どうぞ。

スポンサーリンク

龍山寺ってなに?

龍山寺は、1740年に建設された台湾でもっとも歴史のある寺院。台北で最も高い格式を誇っています。ご利益のちがう19の神様が祀られており、台湾屈指のパワースポットです。観光客だけでなく、台湾の地元の方々も多く参拝しています。龍山寺は、月下老人という恋愛の神様がいて、運命の赤い糸で足を結んでくれる縁結びの神様として有名です。若い女性が多く訪れる人気のスポットです。

月下老人に良縁をお願いをする方法

1.月下老人の所で挨拶をする
龍山寺の正面か向かって左奥に月下老人という神様がいます。まずお賽銭をして、自己紹介をする。

2.半月形の赤い木片を落とす。
半月型の赤い木片が2つ置いてあるので、それを持ち2つ同時に地面に落とします。表と裏が出たら、赤い糸がもらえます。

表と表、裏と裏が出た場合は、出るまで地面に落とします。3回やっても裏と表が出なかったら、神様から良縁がもらえないことになります。チャンスは3回です。

3.煙で赤い糸をあぶる
大きな香炉があるので、赤い糸を香炉の煙であぶり、時計回りに3回まわします。そのときは気持ちをこめて回しましょう。

4.赤い糸を大切に保存する
赤い糸は、大切に保存しましょう。良縁があるまで大切にしましょう。

龍山寺の場所はMRT板南線の龍山寺駅で降りてから、歩いて5分のところにあります。必見は、銅の円柱に巻きつく龍の彫刻です。いまにも襲いかかってきそうな迫力ある龍のリーフレットです。

龍山寺の周辺には昔ながらの町並みが残っています。また龍山寺の東側には漢方薬草を専門に扱う路地があり、屋台で新鮮な青汁を飲むこともできます。

あわせて読みたい。
台湾旅行でおすすめの観光スポット10選

最近のおすすめ記事